2013.08.30

新しい恋への一歩!元彼の呪縛から解かれるためにすべきこと


元彼との思い出写真を眺めため息をついてみたり、元彼のSNSを追って楽しそうな写真を見て嫉妬したり、心の中はぐちゃぐちゃで、なかなか次の恋に進めず立ち止まってはいませんか?でも、それは元彼です。元です。復縁の可能性だけを信じていても、叶わなかったときが悲惨です。
今回はanan特別編集「恋愛できない女たち」を参考に、元彼の思い出から逃れて、新しい恋に踏み出すための方法をご紹介します。

1.元彼との比較は禁物

「新しい恋をみつけようとしても、ついつい大好きだった前の彼と比較してしまって、なかなか前に進めない女性。恋が始まりそうになるんだけど、そのたびに新しい彼候補の男性の嫌な部分が目についてしまいうまくいかない。」

「元彼だったら、こうしてくれるのに」「元彼はあんなところにも連れてってくれたのに」と元彼の綺麗な思い出に浸り、他人と比べていてはなかなか前に進むことができません。別れた彼との思い出は美化してしまいがち。彼の良いところと、目の前の男性の嫌なところを比較しても仕方ありません。「目の前の男性だからこそ」の良いところを見つけられるようになるためには、まず元彼と比較することを辞めましょう。

2.現実の残された時間を自覚する

「過去にこだわっていられるのは、ある意味、時間的に余裕のある証拠。これからの人生のスケジュールを設定して、自分を追い込むことが効果的な処方せんに。」

いつまでの彼とのメールや、記憶を振り返ってうじうじしていては、男性は寄り付いては来ません。その状態が長引き、気付けば周りの友達はみんな幸せをゲットしているのに、自分だけが思い出といっしょに取り残されている。「この歳までには結婚したいな」と思っていた年齢になってしまってるじゃない!なんてことになりかねません。今こそ将来の計画を立てて、現実に向き合ってみましょう。

3.五感に訴える思い出の品は捨てる

「元カレとの思い出の品を持っていると、それを見た時にはっきりと蘇ってしまい、忘れられなくなります。特に注意が必要なのは匂いに関する持ち物。匂いは記憶と結びつきやすく、嗅いだ瞬間に思い出がありありとフラッシュバックしてしまうんです。」

香水・シャンプーなど、彼が使っていたものが家に残っていたら即廃棄です。捨てられないと言ってとっておくことで、さらに忘れられなくなってしまいます。ほかにも視覚・聴覚に訴えてくるような思い出の品は、捨てた方がいいでしょう。好きな曲などがかぶっているとやっかいですね。

4.友達を巻き込み反省会

「一度冷静になって向き合う必要があります。もしかするとそこで彼の欠点が見つかって、案外早く抜け出せるかもしれません(中略)あなたを愛してくれた素敵な彼は、もう現実には存在しません。それに気づくとこが重要。」

自宅にひきこもり、彼との過去の思い出を一人思い返して泣いてばかりはいられません。一人で考えていては、なかなか冷静な判断はつきません。
そんな時、冷静な意見をいってくれる友達の存在を使うのがオススメ。心にグサッとくるようなことを言われるくらいがちょうどいいのかもしれません。

おわりに

復縁カップルは案外多いですが、別れ方次第ではなかなか難しいこともあります。立ち止まって、どんよりしていては元彼も興味を持たないでしょうし、ほかの男性から見ても魅力的とは思われないでしょう。
しっかり立ち直って、新しい楽しい恋愛に踏み出しましょう!

参考文献:anan特別編集『恋愛できない女たち』マガジンハウス

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事