2013.09.01

自己プロデュース!オフィスでモテるしぐさ・4選


モテる女性は自分の魅せ方を熟知しており、意識的に「モテる自分」を演出し、作り上げていると言っても過言ではありません。そして、男性はそんな演出に気付いているかはさて置き、気になる女性を常に目で追ってしまいます。もちろん、これらはオフィスでも同じこと。今回は、会社で男性人気を集めるためのしぐさをご紹介したいと思います。

1. 綺麗な字でメモを残す

男性は、女性に「女性らしさ」を求めるもの。男性にはない、女性特有のものを見せられると異性として意識してしまうのです。例えば、綺麗な字でメモを残されたりすると、その女性のことがどんどん気になってきたり、「あの子は、ああいう雰囲気だけど、こういう綺麗な字を書くのか」としみじみ思ったりします。この時、可愛いポストイットを使用したり、ちょっとしたイラストが添えられていたりなんかすると、さらに高ポイント。事務的なやり取りの中でも、細やかな工夫で女性らしさを演出してみましょう。

2. 「手大きいですね!」と手を触る

女性らしさを感じさせる方法の一つとして、相手の「男性らしさ」を褒めるというのもオススメです。あちらの男性らしさを強調することで、こちらの女性らしさを際立たせるというこのテクニック。例えば、男性は「手大きいですね!」と女性に手を触られると、「手が大きいことに反応してる」といったように、女性特有の感覚を意識するのです。また、手が大きいことに反応する女性は、ちょっぴりエロいと男性は思っています。この手で何をされたいんだいと妄想を始めてしまうのです。妄想をどれだけさせられるかに、女性のモテはかかっています。とりあえず、マッサージでも手相を見るでも、手を触るシチュエーションをどんどんつくっていきましょう。

3. 襟を正してあげる

男性は、皆がマザコンです。全ての男性が女性から生まれており、母性を欲しているのです。ただ膨らんでいるだけのおっぱいがあれだけ好きなのがその証拠襟を正してくれたり、ハンカチを渡してくれたり、素敵なお嫁さんやママになりそうな女性に対しては、アンテナを常に張っています。特に、襟を正すとなるとボディタッチも兼ねており、新婚さん気分を味わえるので、男性はさらにあなたを意識すること間違いなし。ただ、おせっかいにならないよう気をつけなければいけません。

4. 手をあわせていただきます

男性は、基本的に女性が大好きですが、同時に理解できないという恐怖も抱えており、自分に扱える女性かどうか、言動から見極めようとしています。食事をするときに、誰も見ていないのに手を合わせて「いただきます」をするような女性は、ピュアで純真で育ちが良い子だと男性は判断してくれます。「デスクでささっと食べるだけだし、誰も見てないでしょ」なんて、手を抜いてはいけません。誰かがどこかでその姿を見ています。気を抜かずに、性格の良い自分をつくりあげ、実際にそうなってしまうのが一番良いです!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

くだらないと思うかもしれませんが、こんなちょっとしたことの積み重ねがモテの種となるのです。少しずつ自分というものをアピールして積み上げていくそのマメさがあれば、あなたに声がかかって仕方がないでしょう!

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事