2013.09.02

「この子とは結婚してもうまくいきそう」と思わせる方法


付き合っている彼との将来を考えたとき、やっぱり結婚って大きな目標ですよね。
でも、恋愛と結婚って似ているようで異なるもの。恋人としてはいいけど、結婚ってなると違うな~なんて、「彼女」と「妻」はまた違うものって思っている男の子も案外多いのよ。なぜなら、「彼と私」の二人だけでする恋愛と違って、結婚にはお互いの親を筆頭に、自分たち二人以外にも、周りの人たちがとっても影響してくるから。
今回は彼の「周りの人」に愛されて、彼に「この子と結婚したらよさそう」「いい奥さんになってくれそう」と思われる女子になるための秘訣を紹介します!

1.行きつけの飲食店でスタッフと顔見知りになる

デートのシメとか、出かけたときにちょっと寄ったりとか、付き合っていくうちに、ココ彼の行きつけのお店なんだな~ってわかると思うのよね。
そんなときは積極的にお店の人と仲良くなりましょう。自分がお店の店長やスタッフさんと仲良くなっておけば、もし彼が一人で行って自分の話になったとき、結婚の後押しになるようなことを言ってくれる可能性もあるでしょ。
それに飲食店は街の情報が集まる場所。ひょっとしたらこのお店経由で彼の友達や家族とつながれる、なんてこともあるかもしれないわ。
逆に、ご飯中に彼と喧嘩しちゃったり、お酒も入って気が大きくなって失敗しちゃったりとか、彼と揉めてるところを目撃されやすかったりもするので気を付けてくださいね。

2.彼の仕事関係の人へのアピール

彼の職場の人と会う機会なんてないと思うかもしれないけど、直接会わなくてもアピールってできるのよ。
職場での評価って、仕事にいい影響があるかどうかで判断されるでしょ。
だからシャツにアイロンかけてあげるとか、お弁当持たせるとか、「生活が安定してきたな」っていうのが周りにも見えることをしてあげると好印象なの。生活の基盤が安定していないといい仕事なんてできないからね。家庭面のサポートをしてあげると、そのうち彼が「今の彼女と付き合ってからお前変わったな」「良い彼女ゲットしたな」って職場で評価されるようになるわ。そうすれば彼も悪い気はしないし、あなたのことを「いい奥さんになってくれそうだな」って思ってくれますよ。

3.家族とのお付き合い

結婚といえばこれ、相手の家族とのお付き合いよね。大変そうって思ってる人も多いんじゃないかしら?
でも相手の親が一番気にするのは「この子、息子を幸せにしてくれるのかしら?」ってことでしょ。「彼ママに会うときに印象を良くする方法」でも書いたけど、基本的には人生の先輩として立てながら、愛嬌よく接して良い関係を作ることが大切。他の異性の気配がないかとか、金銭感覚は大丈夫かしらとか、彼の親御さんが気にするポイントを探りながら一つずつクリアしていけば大丈夫よ。

4.地元の友人に気に入られる

実は一番ハードルが高いのが地元の友人関係なんです。
地元の友人って、学生時代とか昔からのつながりだから、「ぽっと出の彼女なんかよりあいつのことはよく知ってる」みたいな意識もあったりするし、利害関係ゼロで既に出来上がっている関係性に新しく入っていくのって難しいわよね。
ここで一番大事なのは、出しゃばりすぎないこと。無理にでも輪の中に入っていこうとするんじゃなくて、不愛想にならない最低限の気配りをしながら、つかず離れずの距離を保ちましょう。ノリがいいだけの女の子は、その場では重宝されても結婚相手にはちょっと…なんて思われかねないですよ。

吉井奈々からの愛ある毒のメッセージ

男の子って周りの評価を気にするんです。周りの人から、「あの子は良い子だね」「あんな彼女逃がしちゃダメよ」「結婚するならああいう子がいいね」なんて言葉をかけられたら、かなり高確率でその気になるものなの。
なぜなら、もちろん自分の中では「この子いい子だな」と思ってるんだけど、それを恋愛っていう色眼鏡のない第三者からの意見で聞くことで、再確認できるから。そのためにも、結婚したいと思ってもらうには、まずは彼本人より彼の周りの外堀から埋めていくこと!「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」ってやつね。そうすれば彼の中でもあなたの評価がどんどん上がって結婚したいなって思われるはずよ♪

(吉井奈々/ハウコレ)

関連記事