2013.09.03

エッチの変化を見逃すな!男が見せる浮気のサイン・5つ


“女は相手のココロに恋をし、男はカラダに恋をする。”
こんばんは、ぽこひろです。
こんな格言にもあるように、二股をして平気で2人と身体の関係を結ぶことができる男性は多いのです。
そこで今回は、実際に浮気をしたことがある20代男性30人へのアンケートをもとに、浮気男が見せるエッチ中のサインについてお届けします。

1.イク瞬間にそっぽを向く

「浮気してても彼女とセックスはできるけど、イク瞬間には申し訳なくて彼女の顔を直視できない」(23才/大学院生)

これは非常によくありがちなサイン。浮気の他にも、“彼女に飽きてきた”“他に好きな人ができた”といった理由でも、イク瞬間に目をそらす男子は多い模様です。
イク瞬間は最も愛の高まる瞬間のはず。ここで目をそらすなど言語道断。決して見逃すなかれ。

2.エッチ中に名前を呼んでくれなくなる

「エッチ中は必死で、不意に浮気相手の名前を呼んでしまいそうになるから、誰の名前も呼ばないことにしている」(26才/メーカー)

これも実にありがちです。万が一、知らない女の名前を呼んで、“それ、だれ……?”なんて問い詰められたらたまったもんじゃありませんから、浮気メンズは、エッチ中に彼女の名前を呼ばなくなるのだそうです。

3.すぐに彼女を全裸にさせるようになる

「浮気相手もいて女性に不自由がなくなると、セックスにありがたみを感じなくなって、適当に脱がしてすぐに済ませてしまう」(25才/広告代理店)

はじめの頃はゆっくり服を脱がして下着姿に。そして下着姿のまま更に焦らして、ようやく全裸に……。こんな丁寧なエッチをしてくれていたカレがあっという間に全裸にさせてくるようになったら、要注意です!

4.体位をかえてくれなくなった

「浮気をしているときは、正直彼女とのエッチにやる気が入らなくなって、最初っから最後まで同じ体位のまま終わらせるようになった」(29才/エンジニア)

体位をかえるということは、オトコの側の満足だけでなく、女性をもっと満足させてあげようという思いやりの表れでもあります。しかし、これが減ったというならば間違いなく、カレの気持ちはどこか別のところへ行ってしまったと考えるべきでしょう。

5.エッチ中のキスが格段に減った

「浮気をしていたとき、エッチ中に彼女に“キスしてくれなくなったね……”と不意に言われて、正直彼女とのエッチがどうでもよくなっていたことに気がついた」(25才/フリーター)

当然ですが、キスをしなくてもセックスは成立します。しかし、愛のあるセックスならば当然、その確認行為であるキスは相当数行われてしかるべきものなのです。
これが激減しているようならば、浮気を疑ったほうが良いでしょう。

おわりに

いかがでしたか?
もしも「あれ…?」なんて思い当たる行動があったら、アナタのカレは浮気しているのかも。アナタの貴重な時間を無駄にしないためにも、エッチ中のカレを、目をかっ開いて、直視しサインを見逃さないでくださいね!

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事