2013.09.05

読書の秋!カレを恋愛モードにする耳で感じるラブストーリー・5選


まだまだ暑い日が続きますが、暦の上では秋になりました。秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋と様々な物事がはかどる季節とされていますが、今回、テーマにするのは、「読書の秋」です。普通、読書ってひとりでするものですよね。もし、ふたりで読書ができて、しかもラブラブになれたらどうですか?

実は、そんなサービスがあるんです。それは、「オーディオブック」。これは、書籍の内容をプロの声優やナレーターが朗読してくれるサービスです。パソコンやスマホ、iPod等で再生可能な音声データ(MP3)を購入するので、いつでもどこでも聴くことができます。
ひとつのイヤホンをカレと分け合って聴けば、自然に密着もできて、ラブラブになれること間違いなし!普段、本を読まないカレも、音楽のように気軽に聴ける朗読なら一緒に楽しめることでしょう。
今回は、代官山にいたイケメンたちに、オーディオブックサービス「FeBe(フィービー)」のなかから、女の子と一緒に聴きたいラブストーリーを選んでいただきました。

「東京タワー/江國香織」

「恋はするものじゃなく、おちるものだ」のキャッチコピーのもと、累計47万部以上のセールスと、V6の岡田准一と黒木瞳の主演で映画化もされたベストセラー作品。東京タワーが見える街での大学生と人妻のせつない恋を描いた物語です。オーディオブックは効果音も入っているので、ふたりの恋が盛り上がるにつれて、足音や雨音といった音声ならではの演出も。絶対に外さない鉄板の1本です。

「神様のカルテ/夏川草介」

2010年に本屋大賞2位。2011年には嵐の櫻井翔と人気女優の宮崎あおいの豪華キャストで映画化もされた珠玉の名作。ひとりの若い医師と彼を支える人々の姿を描いた心温まる本作のテーマは、「癒し」。ナレーションは、『ルパン三世 カリオストロの城』のクラリス、『風の谷のナウシカ』のナウシカを務めた実力派声優の島本須美。あの声が嫌いな男はいません。何かに疲れているカレと一緒に聴いて、そのあと元気が出るゴハンを食べにいきましょう。きっと、素敵なデートになるはずです。

「ロミオとジュリエット/シェイクスピア」

「ハムレット」「ヴェニスの商人」「真夏の世の夢」…シェイクスピアの名作タイトルは知っているけど読んだことがないって方も多いんじゃないでしょうか?確かに古典は読みづらい表現も多いので、敬遠してしまう気持ちも分かります。しかし、この作品は70分で完結するので、集中力の続かないカレにもピッタリ。気がつけば、ロミオとジュリエットの悲恋に夢中になっていることでしょう。聴き終わったら、「私のロミオは、●●くんだよ」と言ってあげるとより効果的かも!?

「雨と夢のあとに/柳美里・演劇集団キャラメルボックス」

「もしも、愛する人を残して死んでしまったら…。自分の死を受け入れ、安らかに旅立つことができるのか?」そんな設定のもと、“人が人を思う気持ち”を繊細に描いた、芥川賞作家の柳美里さん渾身のラブストーリー。人気劇団キャラメルボックスにより舞台化もされ話題となったこの作品が、舞台のキャストそのままにオーディオブック化。実力派俳優たちの熱演に、思わずカレも涙することでしょう。聴き終わったら、優しく抱きしめてあげましょう。

「ハートフルセックス/加藤鷹・中谷彰宏」

先日引退を発表したカリスマAV男優の加藤鷹さんと、鷹さんの出演作品に感銘を受けた人気作家の中谷彰宏さんが、本当に幸せなセックスをするためのコツを72項目に渡ってまとめた本作。「セックスに必要なのは、テクニックではなく、ハートだ」と語る2人。例えば、「女は体でなく空気に感じる」「イった後の数分が勝負」「相手を好きになると、男も女もMになる」など、一緒に聴けばカレの女ゴコロの理解度も一気にアップしそうな内容ばかり。肩が触れ合う距離で聴いてるから、オーディオブックそっちのけでムフフな展開になっちゃったりして…。 

まとめ

今回、オススメしたのは、2人で左右のイヤホンを分け合って聴く方法ですが、この場合、カレに渡すのは左耳のイヤホンにしましょう。その理由は、左耳から入った言葉は、感情の動きを担っている右脳に訴えかけるから。左耳から聴こえてくるラブストーリーは、カレの右脳を直撃し、カレは一気に恋愛モードになること間違いなしです。
読書の秋に、カップルで楽しめる“聴く読書”は、いかがでしょうか?

(高尾龍一/ハウコレ)

関連記事