2013.09.05

気軽に出会えて恋も見つかる?!街コン成功のコツ・4選


合コン主催側と飲食店側が連携し、街全体で合コンを行う「街コン」。提携している飲食店をいくつか廻れるので、多くの出会いが期待され、飲食店側にとっても町おこしとなり需要と供給が成り立つシステムです。今やすっかり街コンは言葉として馴染み、参加したことのある方も多いのでは?
普通の合コンとは少し違うシステムの街コンで魅力的な男性を捕まえるにはどうしたらいいのでしょうか。街コンに参加したことのある女子への取材を元に、街コン成功のポイントをご紹介いたします。

1. 女性同士で固まらない

「私が参加した街コンは200人くらい参加者のいる大規模な街コンでした。しかし、街コンが初めてでどうしていいか分からず、一緒に参加した友人と、たまたま隣に居合わせた女性2人組と固まっておしゃべりしてしまいました。男性としゃべっている時間よりその女性2人組と話している時間が長かったような気がします。女性同士で固まらず、積極的に男性グループと話すべきだと思いました」(25歳/医療)

友達が組んでくれるような4〜6人といった少人数の合コンでは必然的に男性と話すことになりますが、数百人単位の大人数の街コンとなると、恥ずかしさもあり、女性だけで固まってしまいがち。緊張するのは分かりますが、せっかく男性と出会うために来ているのですから、チャンスをムダにしないよう男性と会話を楽しみましょう。

2. 遊びの男性に注意

「街コンには、いろんな街コンに参加して、遊びのための女性を引っ掛ける男性もいます。そういう男性と出会ったところで生産性はないので注意です」(23歳/保険)

大勢の人が集まるわけですから、それだけ出会える確率は高い…ということは、遊び相手も見つけやすい!と思ってしまう男性もいるようです。真剣に出会いを求めてきている人にとっては失礼な話ですね。遊び相手にされてしまわぬよう、遊び目的の男性はしっかりと見抜きたいものです。

3. チャラい男性はうまく使う

「大抵どこのグループにも、ムードメーカーというか、『こっちおいでよ〜』ってグループをまとめる、軽い感じ、悪く言うとチャラい男性はいます。でもそんな男性をむげに扱ってはいけません。その人がまとめてくれたことにより、気になっていた男性と接近できる可能性もあります。チャラい男性はうまく扱うことをオススメします」(26歳/メーカー)

チャラい男性というのはコミュニケーション能力に長けていることが多いです。女性は言いたくても言えないことが多いもの。しかし、そんな女性の気持ちを汲み取り、うまく言葉で表現して促してくれることもあるので、チャラいからといって避けないようにしたいものです。とはいえ、たまに本当にただチャラいだけの男性もいるので注意。

4.期待し過ぎない

「以前街コンに参加した際、数人の男性と連絡先を交換しました。そこまで気になっている男性ではなかったのですが、次に会う約束をしたら『君の友達も誘って。自分も他の友達を誘うから、また飲み会をやろう』と言われました。お互い本命ではなかったってことだからまた新たに飲み会をやりたいと思ったのでしょうが、この街コン1回で決められる!と思い込んではいけないようです」(24歳/金融)

街コンには『誰でも気軽に参加できる』という特徴があります。必死に出会いを求めている人もいれば、良い人がいればいいな程度の人、恋愛関係なく多くの友達をつくりたい人など、街コンに望む思いは人それぞれです。本気で出会いを求めている方、期待し過ぎは禁物です。

おわりに

一度に多くの人と出会える街コン。街コンはたいてい昼間に開催され、その後は意気投合した者同士で二次会に行ける時間に設定してあることが多いです。少しでも街コンに興味がある方は、上記の4つを参考に街コンに参加してみると、素敵な出会いに繫がるかもしれませんよ。

(姫野ケイ/ハウコレ)

関連記事