2013.09.06

新学期はすぐそこ!恋愛凍結状態から抜け出す方法


夏が終わり、あと4ヶ月もたてばあの季節がやってきます。みなさん、例のあの日をどのように送っていそうですか?友達と過ごすから平気とタカをくくっていると、見事になかったことにされる可能性があります。友情は、はかないです。
そこで2013年後半の追い込み開始のために、恋愛モードになるための秘訣をアンケートを参考にご紹介します。

1.キャラに縛られない

「彼氏と手をつないで歩いたり、恋愛で悶々を悩んだりするのって私のキャラじゃないんですよ。みんなもそう言います。」(19歳/学生)

後期ともなれば大学にも慣れてきて、友達とのあいだでキャラが出来上がってきた頃かもしれません。きらきらした目で恋心を語ったり、彼氏との喧嘩でうじうじしている自分を想像すると、「なんかキャラじゃない!」と感じ、自分に恋愛は不向きなのだと思い込んではいませんか?
恋は盲目です。あまりにも恋愛体質な友達を冷静になって見ると、こっちが恥ずかしくなりますが、それは当たり前。恋をすれば誰でもそうなってしまうのです。自分のキャラ付けに縛られて恋愛から遠ざかっていてはもったいないです。

2.趣味はひとりで突き詰めない

「ヨガが趣味で、自宅でいつも癒されています。だから彼氏がいなくても暇ではないし、逆に毎日充実しているんです。でも、ふと焦るときがあって…」(22歳/学生)
「アロマが趣味だったんですが、今はその関係の仕事に就くために勉強をしていて、忙しいです。恋愛もしたいんですけど、なかなか・・・。」(21歳/学生)

趣味もなく、彼のために全時間を割いているのが良いという訳ではありませんが、ひとりでできる趣味を突き詰めても、そこには他人との時間や感動の共有が無いので、恋の可能性が低いです。
友達をその趣味へ誘う、趣味を見てもらうために家に呼ぶ、趣味が同じ人たちを積極的に絡んでみる等、ちょっと人との関わりを増やすだけで、恋愛のチャンスも広がります。

3.生活の場所を変える

「学校の近くの寮と、学校の行き来で毎日が終わる。たまにあるバイトも学内だし、出会いがない」(19歳/学生)
「20代が恋愛対象にならないから、学生のうちは恋愛は諦めてます。」(23歳/学生)

生活リズムがワンパターンになり、人との出会いが極端に限られることもありますよね。毎日同じ人と会って、同じ場所に通っていては、なかなか新しいものに出会うことはありません。そこで、思い切って生活の場を変えてみてはどうでしょう。生活の場を変えると、時間の使い方も、関わる人もガラッと変わります。住む場所に限らず、新しいバイト、サークル、旅行などで新しい人に出会うチャンスは広がります!

4.友達は友達と決めつけない

「もう大学も3年目で新しい出会いなんてない。周りは男友達ばっかりで恋愛対象じゃないですから。」(20歳/学生)

友人関係が長いからといって、恋愛対象にならないことはありません。友達関係が長いほうが、性格や趣味を理解し合えていて付き合ったあと楽のはず!恋愛対象かそうでないかを先に決め付けて、そこから変えない人がいますが、そんな考えはもったいないです。
新しい出会いを求めるより前に、身近な友達を改めて見てみては?新学期、垢抜けてきた友達にドキっとしてしまう可能性も!

おわりに

大学生活を楽しむために、恋愛は必需品!とはいいませんが、働く前に学生らしいのキャンパスライフを楽しんでおくのもいいのでは?大学生は一年の約半分が休みです!賢く遊んで恋愛も楽しみましょう!

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事