2013.09.09

男性の好きな職業ベスト5から探る「モテる女」


みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。

出会いの場では必ずと言っていいほど、「どんな職業をしているの?」と聞き合うのではないでしょうか。特に男性は、女性の職業におけるイメージが明確で、「こんなの仕事をしている女性とつき合ってみたい」と思っているものです。

今回は独身男性に人気のある職業ベスト5を挙げ、「なぜイメージがいいのか?」「なぜつき合いたいと思うのか?」を検証していきます。

会社の受付嬢

「清楚で上品な印象」「笑顔に癒される」「身近だけど手が届かない存在」

男性が日ごろ最も清楚さを感じている女性は受付嬢。勤務先にしろ、取引先にしろ、言葉を交わす機会がありながらも、手に届かない高嶺の花として見ています。
ポイントは、ヘアメイクや服装の清潔感と、常に笑顔で「こんにちは」「ありがとうございました」「行ってらっしゃいませ」のあいさつができること。これができる女性は意外に少ないので、受付嬢以外の人も心がけてみてはいかがでしょうか。

保育士

「女の子らしいイメージ」「家庭的っぽい」「いいお母さんになりそう」

20年以上前から「結婚したい女性の職業」に選ばれ続けている保育士。子どもを思いやる優しさに加え、家事や子育てのスキルが好感を与えているようです。
ポイントは、他人への献身性と子どもを見る穏やかな表情。男性は“尽くす女”のアピールはどうにも重く感じられて苦手ですが、その姿を見るのは好きなのです。

看護師

「優しい女性の代表」「お世話してもらったことがあるから」「制服がかわいい」

実は、よほどモテる人でない限り、基本的に男性は女性から優しくされる機会があまりありません。それだけに、「弱ったときに助けてくれる」「病院で唯一癒される存在」の看護師が人気なのは自然の流れでしょう。
ポイントは、気の利いた優しさと仕事のスキル。受け身ではなく、自分の優しさを届けられる女性はそれだけで魅力的です。また、手に職を持つ女性、しかもそれが自分とは縁遠いものであるほど、男性たちは惹かれていきます。

情報番組のキャスター、お天気お姉さん

「顔も声もキレイ」「才色兼備」「さわやかな笑顔に元気づけられる」

タレントや女優には好き嫌いがあり、その好みは大きく分かれますが、女性キャスターはそれほどではありません。特定の誰かというより、キャスターそのものが好きな男性が多いのです。
ポイントは、華がありながらも、自己主張が少ないこと。うぬぼれてしまいそうなほど才色兼備なのに、「私が」と前に出ることはなく、自分の仕事を進める姿勢に好感を持つようです。

各社の新入社員

「フレッシュで初々しい」「謙虚で前向き」「出会ったばかりの感じがいい」

毎年春になると男性たちは、新人女性の話で持ちきりですが、よほど態度の悪い人を除けばおおむね好印象。初々しい姿を見て恋愛感情が芽生える男性が多く、「どんな女性か楽しみ」という合コンなどと似た感覚を抱く人もいます。
ポイントは、新人ならではのフレッシュさ、謙虚さ、素直さ。また、自分が優位な関係性でいられることや、安心して声をかけられることも理由のひとつです。

好印象を抱かせ、妄想させる

ここで挙げた5つは、“男性が女性に求めるもの”をわかりやすく体現した職業。実際、その女性が本当に「清楚か」「素直か」「家庭的か」はわかりません。つまり、よいイメージを抱かせ、「こんな女性がオレの恋人だったら……」と妄想させればいいのです。
それさえできれば、どんな職業でも問題なし。良いところを参考にするだけでも十分効果があるので、覚えておいて欲しいと思います。

(木村隆志/ハウコレ)

関連記事