2013.09.13

一気に冷めた!彼女から言われた「許せないわがまま」・4選


一見、そんな無茶な!と思えるわがままを許してもらえるのが、彼女の特権。しかし、「かわいいやつだな」と受け取とってもらえると思っていたのに、「いい加減にしてくれ…」と彼を疲れさせてしまうことがあります。今回は「いくら彼女でも許せなかったわがまま」をアンケートで集め、多かった意見をご紹介します。

1. 仕事に関するわがまま

「風邪ひいた彼女を心配して電話をかけたとき、彼女の看病をせず会社にいくことを責めた上に「うどん買ってきて!」と言って電話を切った彼女の横暴っぷりに唖然とした。」(32歳/IT)

「仕事と私、どっちが大事なの?」は嫌われるワードとして有名ですね。男女限らず、単にお金を稼ぐためだけでなく、仕事にプライドを持っている人ならムッとするところ。また、当然ながら仕事を休めば会社全体・他の人にまで迷惑をかけてしまいます。自分だけではなく、他人への配慮も欠けたわがままは彼の怒りに触れる可能性があるので気をつけましょう。

2. 家族や地元に関するわがまま

「実家に彼女を連れて行ったとき、料理が口に合わなかったらしく「帰りたい」「お腹すいたからコンビニ行きたい」といった挙句「こんな田舎には住めない」と言ったとき、家族や地元を馬鹿にされたように感じて、腹が立った。」(28歳/教育関係)

人にとって家族や地元はひとつしかなく、愛着があって当然のものです。それを馬鹿にしたように聞こえるわがままは彼の逆鱗に触れること間違いなし。確かに、田舎にはそれぞれの風習や伝統があり、部外者には理解できないこともありますが、それを悪く言うのは彼のルーツを否定することと同じです。彼との関係を崩すことにもつながりかねません。

3. プライベート・趣味に関するわがまま

「自分の大切にしているグッズや、そのためにかける時間やお金を理解できないらしく「またこんな下らないグッズが増えてたら、全部捨てるからね!」と言われたとき、自分のプライベートの趣味を否定された気がして嫌だった。」(28歳/IT)

人には大事にしている聖域のようなものがあり、そこに土足で踏み込むと大変なことになることも。趣味・プライベートはなかなか他人には理解ができないこともありますが、自分のに当てはめて考えてみても、趣味を否定されたらイヤですよね。これにこの値段かけたの?!と絶句しても、それが彼。理解ができないなら付き合っていくのは難しいかもしれませんね。

4. お金に関するわがまま

「お金の余裕は無いけど彼女の誕生日だから、頑張って値段の高めなレストランに連れて行ったら、「次こそは高級旅館に連れて行ってね?」と嫌味のようなわがままを言われた。自分の金銭感覚を押し付けてくるわがままにうんざりだった。」(24歳/営業)

金銭感覚が合わないと、なんとなく言った一言が相手にとっては「かわいいわがまま」どころか「ムカつく嫌味」に。彼の稼いだお金に関してのわがままは逆鱗に触れるかも。実家に一生懸命お金を入れている人と、逆に両親からの仕送りまでもらっている人では、稼いでいる額は同じでも、経済状況は違うので、お金に関するわがままは彼の状況を見た上で言いましょう。

おわりに

人それぞれ許せる・許せないラインは違いますが、上記4つに関するわがままを言いたくなったら、ぐっと我慢。一言で今までの関係を崩しかねません。わがままは慎重にかわいく、手加減を忘れずに言いましょう。

(ハウコレ/松宮詩織)

関連記事