2013.09.14

うまく利用されてない?「場つなぎ彼女」の特徴・4つ


「とりあえず、付き合ってみる?」とストレートに言ってくるならまだしも、心の中で「彼女いないよりいた方が楽しめるし、付き合っておくか」という軽い気持ちで思って彼女をゲットしようとしてくる男性がいます。こっちは真剣に付き合いたいと思っているのに、場つなぎ的に利用されてしまう女性の特徴はなんなのでしょうか?
「元カレに遊ばれた経験がある」という女性からのアンケートを参考に、ご紹介します。

1.とにかく優しすぎる

「私と付き合うために元カノと別れたなんて言われて付き合ったものの一ヶ月後連絡がぐっと減りました。忙しいと繰り返す彼を問いただすのも可哀想だから、いいよ気にしないでと許していたら「もう好きじゃないから別れよう」って。優しい彼女を演じすぎて痛い目に。」(25歳/保育)

「優しい」のはもちろんいいことですが、それゆえに甘く見られるという悲しい事態に陥ることもあります。彼女の優しさに甘えて、ちょっとした自己中心的な行動でも「なんか許してくれそう」と、浮気に走ったり、お金をせびったりと、彼の行動はどんどんエスカレートすることも。…。彼の良き理解者として振る舞いすぎると、面倒を見ている母親のような役割になってしまいます。甘やかしすぎはダメ!「君の優しいところが好きなんだ」という言葉には要注意です。

2.経験が少ない

「突然「「いま暇?会おうよ」という電話がかかっていては、のこのこ出掛けて会いに行きました。今まで付き合ったことがなくて、カップルって必要とされた時に会うものだよなと自分を納得させていましたが、今考えればただの暇つぶし要員。」(21歳/学生)

恋愛経験が少なく純粋な女性は男性から高評価ですが、それゆえ悪い男性に遊ばれても気がつかないことがあります。まず、周りの友人がどんな付き合い方をしているのか聞いてみましょう。自分と彼の関係との違いを感じても、「他所は他所、うちはうち」と自己解決しては意味がありません。自分が彼に言われたこと、されたことを報告して、困ったことがあれば相談してみましょう。全てを合わせる必要はもちろんありませんが、他人の目線から判断してもらうことも時にはが必要です。

3.恋愛をめんどくさがる

「付き合うと休日一緒に出かけたり、相手のご機嫌伺いしなくちゃいけなくて、めんどくさい!と公言していたら、「関係性にしばられることないよね!」と説得されて、周りには言わずに彼の家に行ったり、自宅に呼んだりしていました。彼にいいように使われただけだった」(27歳/広告)

付き合うという段階にはならず、友達の延長でまるでカップルのような関係になるのは、セフレとして扱われているのかも。気軽に付き合えてラク楽~と割り切ってしまうのも手ですが、いいように使われて、こっちが本気になったときにはポイ…なんてことにもなりかねません。せっかくの真剣な恋愛を逃すことにもつながります。さらに、恋愛をめんどくさがると結婚も遥か遠くに逃げていきます。めんどくさいと思っていても、公言しない方が男性からの印象も崩れませんし、無難な策でしょう。

4.近いコミュニティにいない

「元彼が大学が違ったから、いつも何をしているか分からなかった。インターンで共通の友達が出来て、彼が大学では彼女がいると言わず合コンに行きまくってることが発覚。バレないと思ってたらしいです。」(22歳/学生)

大学が違ったり、学生と社会人といったように、共通の友達がおらず、普段の生活で彼との接点が少ない人は、周りから「彼が普段どういう生活をしているのか」などの情報が入ってこないため、何をしていてもバレないという安心感から、遊び相手として利用される危険度が高いです。彼が友達に紹介してくれない場合は、場つなぎとして利用されているかも?

おわりに

彼を疑いたくないかもしれませんが、本命か場つなぎかはその恋愛を続けるかどうかの決め手になります。場つなぎから本命にのし上がるか、場つなぎとわかったらさっさと別れていい人をさがすか。どちらにせよ、彼からの扱いは雑すぎないか、彼にとって自分はどのような存在なのかをしっかり見極めたいですね。

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事