2010.06.03

お安く簡単に、高級な味に変えるワザ

いつも食べている安く作った手料理、レトルト食品に即席ラーメン…。
“安かろう不味かろう”じゃ寂しいです。
ちょっとした発想の転換とひと手間で、安さを美味さに変えられたら素敵ですよね。
安いのに極うま!手軽なのにプロの味!おもてなしもチャチャッとできる。

騙されたと思って、一度やってみてくださいね!

ニセ“鰻の蒲焼”

贅沢メニュー“鰻の蒲焼”。
最近は安くなったとはいえ、やはり高価。
外で食べようものなら尚更です。
でも、鰻じゃないけど「まるで鰻!」な料理が岡山にありました。
安い食材でお得に提供し、ご当地で大流行となっている「豚肉の蒲焼」です。
豚バラ肉を鰻のように開いて炭火で焼き、鰻の骨で作った蒲焼ダレにつけてまた炭火で焼く…工程は鰻の蒲焼と同じ。

重箱に敷いたヌクヌクご飯にタレをまぶし、豚の蒲焼を並べて山椒をひと振り。
香りはまさに鰻の蒲焼。
余分な脂が落ちた肉厚の豚肉が香ばしく、ご当地人いわく「鰻より美味!」だとか。
でも、まさか自宅で特製ダレは作れない。炭火もない。

でも、豚肉を魚焼きグリルで焼けばいい。
市販の鰻のタレを刷毛で塗りながらこんがりと香ばしく。
ご飯にタレと豚を載せて最後に山椒を。
安いし手間いらずでご当地メニューが再現できます。山椒は必須!

本格っぽい豚骨ラーメン

即席の豚骨ラーメン。
はっきり言ってコクがない。
そこでお湯の変わりに牛乳で作ってみて。
かなり濃厚な仕上がりに。
お湯と牛乳を半々でもいいし、豆乳を使ってもOK。
そして最後に胡麻油をひと垂らしプラス。
添付の調味油だけよりも香味が増して本格的なスープに。

麺が即席麺ならではの味気なさはありますが、シンプルに作るよりも風味が高まります。

缶詰ソースが本格イタリアンに

缶詰やレトルトで売られているミートやトマトなどのパスタソース。
最近の商品は進化して、そのままかけても充分に美味しい。
できれば小鍋で軽く煮詰めるとコクが出ます。

更に高尚な味にするには缶詰やレトルトパックに残ったソースを赤ワインで洗って小鍋に加えること!
安物のワインでOKです。
市販品独特の無個性な味が、一気にプロの味わいに変わります。
ハンバーグに使うドミグラスソースも同じ。
バジルソースやボンゴレなら白ワインか日本酒を。
これなら美味しいだけじゃなく、缶にこびりついたソースが無駄なく使えるでしょ。

家庭の味を料亭風に

家庭の味の定番、野菜の煮物。
里芋、大根、冬瓜…。美味しいです。
あっさりしていて、懐かしくて、何だか体に優しそうで。
でも、テンションは上がらなくないですか?
「あ~、またか」的な。
でも、“京風”と謳う小料理屋で、たったひとつの工夫でまったく新しく上品な小鉢料理になることを知りました。

用意するのは片栗粉と、里芋の場合は柚子の皮、大根や冬瓜の場合は卸しショウガ。
それだけ。生のほうが風味は良いですが、柚子の皮は乾燥したもので、
ショウガもチューブ入りでOKです。
里芋、大根、冬瓜、いずれもダシと薄口醤油と砂糖でいつもより薄味に炊き、
仕上げに水どき片栗粉でとろみをつけます。

そして里芋なら柚子の皮をいっしょに入れてひと煮立ち。
大根と冬瓜は器に盛ってからショウガをあしらいます。
夏なら冷蔵庫で冷やすとより美味しい。
もはや、お袋の日常の味ではありません。

薬味と調味料が鍵!

つまりは薬味と調味料が決め手!

コンビニで買ったカルボナーラに温玉と黒胡椒を、たらこパスタにはバターを、
塩焼きそばには岩塩を。
はじめから添付されていても更にプラスするのがコツ。
「からあげ君」はスライスしてネギとポン酢をオン。
閃きを頼りに試してみると、まだまだ「お!」という発見が生まれるはず。

スーパーや料理屋、グルメ番組など、いつでも何処でも何にでもアンテナを張り巡らせて、明日の新メニュー開発を楽しんでみてくださいね。

関連記事