2010.06.03

捨てすぎには注意!お気に入りをバックアップする方法

今日は、簡単に出来るパソコンのお掃除方法あれこれをご紹介しましょう。データのバックアップやディスクのクリーンアップ、エラーチェック、ファイルの最適化などです。

もともとマウスは付属品、パソコンというのは本来、9割以上の操作は、キーボードだけで行えるようになっています。なので、ここではキーボードのみで行なうメンテナンス術のご紹介!
対象OSはWindows-XPです。


<ステップ1>

パソコンのお掃除第1段、まずはデータのバックアップから。

パソコンというのはとても便利な機械ですが、ある日突然、何の前触れもなくダウンしてしまうという怖い性質も持ち合わせています。そうしたPCトラブルに一度でも巻き込まれた経験のある人が拘るのがデータのバックアップ。私の場合は、仕事のデータは一切マイドキュメントには保存せず、SDカードを使っています。やはり何度となく泣かされていますからね。

そこで、パソコンの掃除を始める第一歩として、最低限必要なデータを外部メディアに保管しておく作業、バックアップを行ないたいと思います。

<ステップ2>

バックアップの種類についてのお話。
パソコン内のデータをバックアップするには、大きく分けて2つの種類があります。ハードディスク内全体をバックアップする「イメージバックアップ」と最低限必要なデータのみをバックアップする「データバックアップ」です。

勿論、イメージバックアップを取っておけば、リカバリやハードディスクのまるごと交換をしても、まず困る事はありません。簡単に元通りのシステムと設定を持つマイPCに戻す事が出来ます。沢山のアプリケーションソフトをインストールし、様々な設定をしている人には、とても便利な方法です。

ただし、イメージバックアップを行なうには、専用のソフトや要領の大きな記録メディアが必要ですし、多少の知識も必要になります。そこで、最低限必要なデータ、特に、インターネットのお気に入りとメールソフトのアドレスブックですね。この2つのバックアップだけは時々取っておくようにと、友人たちに勧めています。

取り敢えずUSBメモリーやCD-Rにコピーしておくだけなら簡単です。でも、結構いざという時にホッとするバックアップです。ですから、ここでは、インターネットのお気に入りのバックアップの取り方を説明しますね。

<ステップ3>

スタートボタンを押し、インターネットを選択してエンター。インターネットの画面を立ち上げます。
ついでなので、最初に、保存してあるお気に入りページが本当に全て必要かどうかを確認し、不要なページは削除しておきましょうか。

オルトキーを1回押して、右矢印キーを3回押すと、「お気に入り」のメニューが出て来ます。次に下矢印キーを2回押して、「お気に入りの整理」の上でエンター。シフトキーを押しながらタブキーを2回押すとリストが出て来ますから、要らないページがあれば、それを選択した状態で、更にシフトキー+タブキーを1回押し、「削除」の上でエンターキーを押すと消去する事が出来ます。

お気に入りページの整理が終わったら、エスケープキーを押して、検索画面に戻りましょう。いよいよバックアップの開始です。

<ステップ4>

オルトキーを押して上矢印キーを5回押し、「インポート及びエクスポート」の上でエンター。すると"インポート/エクスポートウィザードへようこそ"という挨拶とともに、そこでお気に入りのバックアップが出来ると言う説明が出て来ますから、タブキーを2回押して「次へ」のところでエンターすると、作業画面が開きます。

今回はお気に入りをバックアップするということなので、「お気に入りのエクスポート」という項目を選択してタブキーを2回押して「次へ」のところでエンターですね。因みに、「お気に入りのインポート」は、データをPCに戻す際に使用する項目なので、なるべくお世話にならない方がいい訳です。

そうしたら、現在お気に入りに保存されているページのリストが出て来ます。先ほど不要なページは削除したはずなので、ここでは全てが残しておきたいページであると仮定して、まとめてバックアップ出来る「Favorites」を選択肢、またまたタブキーを2回押して「次へ」のところでエンター。

「ファイルまたはアドレスにエクスポートする」という画面が出て来たら、基本的にはマイドキュメントに保存されるように設定されているはずなのですが、念のため確認はして下さいね。そして、保存場所がマイドキュメントになっていれば、シフトキーを押しながらタブキーを2回押して「次へ」のところでエンターすれば、自動的にバックアップされます。

保存先を他のメディアなどに変更したい場合は、タブキーを2回押して「参照」のところでエンター、保存先を指定して「保存」をエンターして下さい。

<ステップ5>

お気に入りのバックアップは、あっと言う間に終わります。そして、「インポート/エクスポート ウィザードの完了」と表示されますので、エンターを押し、"お気に入りのエクスポートに成功しました"というメッセージを呼び出しましょう。ここでエンターを押すと、自動的に作業画面が閉じ、データのバックアップが成功した事になります。

マイドキュメントを開いてみて下さい。「ブックマーク」という新しいホルダーが誕生しているはずですよ。それがバックアップしたお気に入りのデータです。

関連記事