2010.06.03

メール関連をバックアップする方法

メール関連のバックアップの取り方をご紹介します。インターネットのお気に入りは万が一消失してしまっても、また検索すれば何とかなりますが、大切な人たちのアドレスが判らなくなってしまったら大変!

一生音信不通になってしまう事も有り得ます。また、他にもいつまでも大事に残しておきたいメールもあれば、アカウントの設定もあるでしょう。そういう意味では、メール関連のバックアップは非常に重要なメンテナンス作業の一つと言えるのではないかと思います。

▽その前に…「お気に入りをバックアップする方法」はこちら
http://howcollect.jp/article/494


<ステップ1>

メール関連のバックアップ、まずは一番簡単なアカウントの部分からです。

スタートボタンを押し、アウトルックエクスプレスを立ち上げましょう。
受信トレーが表示されたら、オルトキーを押してメニューを出します。そのまま右矢印キーを3回押し、「ツール」メニューのところで上矢印キーを3回押すと「アカウント」が選択出来ますので、ここでエンターします。

すると、インターネットアカウントとして、お使いのメールアドレスの@より後ろの部分が表示された画面が出て来ます。これがご自分のアカウントです。ここでシフトキーを押しながらタブキーを2回押し、「エクスポート」のところでエンターすると、先ほどのアカウントをファイル名として保存出来る画面が準備されます。一応保存先を確認し、マイドキュメントになっていればOK。タブキーを2回押して保存のところでエンターすれば完了です。

再び直前の保存画面が表示されるかと思いますので、その場合はオルトキーを押しながらF4キーを押せば、一発で最初の受信画面に戻ります。また、先ほどのお気に入りと同様、参照画面から好きな保存先を選んで保存する事も出来ます。

念のためマイドキュメントを確認すると、あら不思議、自分のアカウントホルダーが誕生しています。

<ステップ2>

お次はアドレス帳のバックアップです。これもアカウントと同様の方式で、簡単にエクスポートする事が出来ます。

まず、ツールメニューの中のアドレス帳を選択してエンター。オルトキーでメニューを出し、上矢印キーを4回押して「エクスポート」のところでエンターします。すると、「アドレス帳WAB」という項目が選択された状態の画面が開きますから、続けてエンターすると、保存画面に映ります。

ただし、ここで要注意。何故かここではファイル名が空欄になっているので、自分で命名する必要があるのです。勿論、好きな名前を付ければOKですが、取り敢えず判りやすく”メールアドレスブック”とでもしておきましょうか!? 後は保存先を確認して、マイドキュメントになっていればエンター! 

すぐさまアドレス帳が指定の場所にエクスポートされた事を示すメッセージが出ますので、後はエンターして完了。オルト+F4でアドレス帳画面を閉じればおしまいです。
マイドキュメントを見ると、やはり「メールアドレスブック」というホルダーが出没しているはずですよ。

<ステップ3>

さあ、いよいよお次は大切に残しておきたいメールの保存です。勿論、今現在アウトルックエクスプレスの中に保管されているメール全てをバックアップ取る方が、一瞬で楽なんですけどね。今度それを戻す時の事を考えると、まずはお気に入りと同様、不要なメールはある程度削除されてから実行される事をお勧めします。

でもって、またまたツールメニューから今度は上矢印キーを2回押し、オプションを選択してエンターします。そこで、シフトキーを押しながらタブキーを1回押し、全般のところで右矢印キーを8回、「メンテナンス」という項目に直行しましょう。そして、今度はタブキーを7回押して保存ホルダーを選択します。

すると、メッセージがパソコン内のどこに保管されているかが表示されます。タブキーを2回押すと”個人メッセージは下のホルダーに保存されています。”というようなメッセージの下に
”C:\Documents and Settings\Administrator\Local Settings\Application Data\Identities\{BEA600FA-347E-4E30-A5FF-5607225DEFE2}\Microsoft\Outlook Express”
というような長~い英語が表示されていますから、コントロールキーを押しながらAのキーを押し、全て選択します。次に、コントロールを押しながらCのキーを押してコピー。実はこの長い英語の場所にこそ、皆さんのメールデータが保管されているのです。従って、この表示はパソコンの設定によっても多少異なりますが、必ず同じ形式で表示されるようにはなっていますので、ここに紹介した表示と異なっていても、気にせずコピーして下さいね。

これでアウトルックエクスプレスの画面はひとまず不要になりますから、オルトキー+F4キーを続けて3回押し、一旦ソフトを終了させましょう。

<ステップ4>

ここで再びスタートボタンを押し、今度は「ファイル名を指定して実行」という項目のところでエンターします。すると、アドレスを入力出来る画面が出て来ますから、コントロールキーを押しながらVのキーを押してペッタンコ! 

先ほどコピーしたメールデータの保管場所を貼り付けます。後はタブキーを1回押してOKのところでエンターすればOK!! たちまち普段アウトルックエクスプレスで見慣れた項目がリストアップされます。お尻に「dbx」とくっついているのがメールのデータ。基本的には「ホルダーズ」が主流になるかとは思いますが、受信トレーや送信トレーのバックアップも取れますから、必要だと思う項目を順々にコピーし、マイドキュメントなどに貼り付けていけばいい訳です。

例えば、「ホルダーズ」をバックアップするのであれば、ここで一旦マイドキュメントを開き、再び検索結果画面に戻って、「ホルダーズ」をコピー。もう一度マイドキュメントに移動して貼り付ける訳ですね。この作業が全て終了したら、取り敢えず、検索結果画面をオルト+F4キーで閉じましょう。

<ステップ5>

ここで最後に残ったマイドキュメントをチェック。新しいホルダーが沢山出来ました。インターネットやメール関連のバックアップデータです。

これらをきちんと整理し、USBメモリーやCD-Rに保管しておけば、ひとまず何があっても安心ですね。
その時、マイドキュメント内にもともと保存していたデータの中からも、ずっと残しておく必要があると思うものを、一緒にコピーしておくといいと思います。
そして、不要になったデータは、ゴミ箱に入れちゃいましょう。
関連キーワード

関連記事