2013.09.21

草食系男子な彼氏を「ロールキャベツ男子」にするセリフ・5選


ここ数年、増加傾向にあるといわれる草食系男子。付き合っていても、エッチなことに興味がないのか、手を出してこない男子も少なくないようです。そんな彼氏にイライラしてしまう女子もいっぱい……。そこで今回は、草食系な彼氏を「パッと見草食、しかしいざというときは肉食」な「ロールキャベツ男子」に、見事変えてしまうセリフをご紹介します。

1.「私に興味ないの?」

「付き合ったばかりなのに、1ヶ月に1度くらいしかセックスしてくれなかった超・草食系の彼。さすがに我慢できなくなったので、『あなた、私に興味ないの?』と不満を訴えてみたところ、オロオロしながら襲ってきました(笑)。すこし強めに言ってみるくらいが、ちょうどいいのかも知れません」(26歳/編集)
ナヨッとした草食系彼氏には、やや強気に出てみましょう。

2.「気持ちよくしてあげたい」

「性的なことに一切興味のなさそうな、典型的な草食系彼氏を改造しました。あまりにも手を出してこないので、お酒を飲んで色っぽい雰囲気になったときに、『私が気持ちよくしてあげたいんだけど……』と一言伝えました。その日は私が無理矢理彼を押し倒す感じでしたが、そのとき気持ちがよかったみたいで、その後は自分から進んでエッチしてくれるようになりました」(24歳/営業)
このように語る人も。最初は「攻め」に回るくらいの積極性をアピールするのもアリです。

3.「●●でしてみたい」

「セックスにあまりやる気のない彼に、『●●でしてみたい』とリクエストするようにしました。キッチンやダイニングのソファなど、ベッド以外の場所でしたいなと思って。その提案が彼の中の何かを刺激したみたいで、性欲が高まったみたいでした」(25歳/IT)
このように、これまでになかった新しい提案をすることで、草食系彼氏も「それはやってみたい!」とあなたとのエッチに興味を持つようになるかもしれません。

4.「あなたとのエッチが一番気持ちよかった」

「年上の草食系彼氏は恋愛経験が少なめです。そのせいかエッチの頻度も少なくて……。しばらくエッチがなかったときに、思いきって『あなたとのエッチが一番きもちよかった。だから、たまにはしたいなぁ』と言ってみると、自信を持ってくれたのか、それからはやる気になってくれました」(28歳/派遣)
とくに性体験がすくなめな草食系男子には、褒めることで自信を持たせることが重要です。

5.「ホントはSなんでしょ?」

「セックス頻度の少ない草食系な恋人にイライラして、『Mのフリしてるけど、ホントはSなんでしょ? 隠さないで攻めていいのに』と挑発してみました。とくにSだという確証はなかったんですけどね(笑)。その効果があったのか、立派なロールキャベツ男子に生まれ変わりました。攻めるときはきちんと攻めるオトコになってくれましたよ」(27歳/広告)
意図的に挑発してみることで、彼のなかに埋もれていたSな性質を浮かび上がらせることができます。

おわりに

草食系彼氏はかける言葉次第で、草食系男子のままを突き進むか、ロールキャベツ男子に進化するか、いずれかに変化します。草食系彼氏に悩んでいる女子は、彼に上記のセリフをかけてみてはいかがですか?

(池田園子/ハウコレ)

関連記事