女は二の次?!男友達ばかり優先する彼を振り向かせる方法


いつも直前でデートをキャンセルしたり、大事な日に限って会社の飲み会が入ったり。男の人ってどうして前から決まっていたワタシとの約束よりも自分たちの急な予定を優先させるのでしょうか。今回は男友達ばかりを優先するカレを振り向かせる小技を紹介します。

その1 カレの1番になろうと思わない

「1ヶ月も前から決めていたデートなのに、男友達からサーフィンに誘われたという理由でキャンセルされました」(24歳/女性/美容師)

怒る気持ちはよくわかります。しかし、考え方を少し変えてみましょう。キャンセルされる理由が分かっているわけですから、ここはカレのコミュニティに入るチャンスでもあるわけです。この場合、「私も行きたい」と言って加わり、浜辺でお弁当を広げて、読書をしながらカレが海から上がるのを待つのが一番。やみくもに目くじらをたてるより、このように少しづつカレの領域に入り込み、周囲を分析することから始めます。

その2 自分の優先順位を上げる

「ワタシの誕生日なのに、会社の同僚に飲みに誘われたと言われて会えなかった。予定を入れずに空けていたのに・・・泣きました」(23歳/女性/アパレル)

忙しい中、せっかく合わせたデートの日程を、男友達を理由にドタキャンされるのは、どういうことか考えてみましょう。あなたは、カレにとって会いたいときにいつでも会える相手なのではないでしょうか。カレのために全ての予定をキャンセルして休みを空けている女子は、いつでも暇な女だと思われている可能性が高いと言えます。では、どうすればもっと大切にされる女になれるのでしょうか。次に、カレにとってのあなたの優先順位を上げるフェーズに入ります。

その3 こちらも女友達優先の態度を取る

「休日でも女友達と遊んだり、実家に行ったりしています。カレとの予定は空き時間に組むようにしたら、かえってお誘いが増えました」(25歳/女性/金融) 

あなたがカレのために空けていた1日と、男友達から急に誘われた1日は、カレにとっては後者の方が価値が高いのです。つまり、カレがあなたとの約束よりも男友達を優先する現象を解決するための最大の戦略は、カレが考える「アナタの空き時間」の価値を上げる事。そして、空き時間を希少価値にするためには、こちらも忙しくしておくことにつきます。

その4 デートは2週間に1日だけと決める

「彼女は毎日会いたいって言ってきますけど、はっきり言ってウザいです。でも、10日会えないと少し淋しいかな・・・。あ、淋しいっていうのはSEXしたくなるってことですけどね」(25歳/男性/金融)

非常に勉強になる男性の意見です。なんと、SEXしたいかそうでないかがデート頻度の基準だったとは。これでは、女子の希望とミスマッチが起こるはずです。一説によると男性はパートナーに会えない時間が長いと、本能的に他のオスとSEXしてるのではと感じるそうです。この本能を逆手に取り、会う間隔を決めます。2週間程度が妥当でしょう。もちろん、メールはこちらから極力送らない、こちらから距離をとるなどの戦略も効果的です。

その5 【番外編】自分が男になる

それでもダメな場合は、あなたがカレの男友達になってしまうという荒療治はいかがでしょうか。ゴルフや麻雀を覚える、大酒を飲んで一緒にキャバクラに行くなど。一緒に過ごす時間は増えるかもしれませんが、二度と女としてみてもらえないかもしれませんね。

おわりに

いかがでしたか。男性の本能をうまくコントロールして、いつまでも愛される女でいたいものですね。

(沖合はるか/ハウコレ)