2010.06.03

年末にまとめてやっちゃう?PC内もキレイにしよう!ディスクをクリーンアップする方法

ハードディスクはパソコン内のLDKのような部分です。そこで大抵の作業をし、データの管理をしています。故に、最も散らかったり汚れたりしやすい部位。こまめにお掃除して上げる事によって、パソコンを長く快適に使う事が出来るんです。まずはゴミ捨てから始めましょうか!?

特にインターネットが好きな人は、自然とPCの容量が増えているはずです。何故なら、一度でもどこかのサイトにアクセスすると、その記録は、パソコン内のハードディスクに記憶され、保存されるからです。そのお陰で、次回同じサイトにアクセスする場合、最初よりも速く繋がるという利点はあるのですが、PCの負担を考えると、やはり定期的に掃除して上げた方がいいでしょうね。

他にもパソコン内には不要なデータが沢山残っています。こうした使わないデータを削除する作業を「ディスクのクリーンアップ」といい、常にPCを快適に使うためのメンテナンスの一つです。
という事で、今度は「ディスクのクリーンアップ」方法のご説明です。

その前に…
▽「お気に入りをバックアップする方法」はこちら
http://howcollect.jp/article/494
▽「メール関連をバックアップする方法」はこちら
http://howcollect.jp/article/495


<ステップ1>

全てのアプリケーションを閉じ、インターネット回線も外しておきましょう。別にこの時点では、ネットが繋がっていて、セキュリティーソフトが動いていても何の問題もないのですが、この後続けてエラーチェックや最適化をするのであれば、どうせ必要になる作業ですからね、最初にやっておくと忘れなくていいでしょう。

<ステップ2>

スタートボタンを押し、「マイコンピューター」を開きます。ここでは、パソコンにアクセスしているドライブ全てが表示されます。そして、「ローカルディスクC」というアイコンを選択します。このローカルディスクCこそがPC内のハードディスクそのものです。俗に言う「Cドライブ」ですね。

<ステップ3>

アプリケーションキーでメニューを開き、上矢印キーを1回押して「プロパティー」という項目を選択します。ここでエンターキーを押すと、ディスクのクリーンアップを始められる画面がすぐに開きますので、タブキーを1回押して、「ディスクのクリーンアップ」に入り、エンターキーを押しましょう。

するとパソコンが勝手になにやら計算し始めます。この時不要なデータを探し、どの位空き容量を増やせるかを調べている訳です。この作業には数分掛かる事もあるというような表示も出ますが、私の経験からいうと、じっと待っていられる程度だと思いますので、ここはちょっと我慢して、付き合って上げましょう。放置すると逆に余計な時間が掛かってしまう事になります。

<ステップ4>

パソコン内の調査が終了すると、どこにどの位の不要データがあるかをリストにして表示してくれます。それらを削除する事によって、それだけハードディスク内の空き容量が増える訳です。まあ今はハードディスクの容量が大きくなっていますからね、別に全部残しておいても大して支障はないとは思いますが、無理に要らないものを大事にしておく必要もないでしょうから、思い切って捨てちゃいましょう。

データを削除する方法は実に簡単で、「ダウンロードファイル」だの、「インターネットテンポラリーファイル」だの、「ゴミ箱」だの、「一時ファイル」だのというリストが出て来ますから、これらにチェックを入れるだけでOKです。

ただし・・・

ここで気を付けなければならないのが、「古いファイルの圧縮」という項目です。ここに誤ってチェックを入れてしまうと、実に厄介な事になります。通常1~2分で終わるはずのディスクのクリーンアップ作業が、中々終わらないのです。私はまだ失敗した事がないのではっきりとは判りませんが、何も知らずに全部チェックを入れた友人は、何十分も待たされたそうですよ。

何故なら、この古いファイルの圧縮は、その表示のごとく、削除データではなく、そこにリストアップしたデータを圧縮してパソコン内に一定期間保存してくれるサービスです。

処分されないので安心と言えば安心ですし、保存期間も自分で設定出来るのですが、実際問題、それらのデータを残しておく必要があるかないかと言えば、ないから掃除する訳ですよね。もし仮に必要なのであれば、圧縮せずに残しておいた方が使い勝手もいいでしょう。
そして、何より、圧縮するには非常に時間が掛かります。なので、ここにチェックを入れてしまうと、中々クリーンアップ処理が終わらないのです。なぜ、この項目がここに入っているのか? 私的には前からずっと不思議なんですよねぇ。

そこで、どうしても一時ファイルなどを残しておきたければ、「一時ファイル」の欄にチェックを入れずに、そのまま次に進む事をお勧めします。本当に要るファイルだけを残す方法というのもなくはないのですが、手間暇掛けて説明するほどでもないでしょう。そこは仲良しのパソコンのこれらのデータはもう不要であるという判断を信じて上げたいものですよね。

<ステップ5>

最後にタブキーを2回押してOKのところに行けば、エンターキーをオン! これで自動的に古いデータの削除が順々に実行されます。全自動なので、指をくわえて見ているだけで大丈夫。作業が終わると進行状況の表示が消え、<ステップ3>で最初に呼び出した画面に戻ります。

この後エラーチェックやディスクの最適化をしないのであれば、エスケープキーかオルトキー+F4キーで全ての画面を閉じ終了です。ただし、続けてエラーチェックやディスクの最適化をするのであれば、そのまま次のHow to(http://howcollect.jp/article/497)をお読み下さい。

関連記事