2010.06.03

ハードディスクを最適化する方法

マウスを使わないパソコンのお掃除、最後は「ディスクの最適化」です。”デフラグ”とも呼ぶこの作業は、ハードディスク内のファイルやホルダーをきちんと整理整頓する作業。古いデータを探すのも、新しいデータを保存するのも楽になりますから、デフラグ後は、PCが気分良く動いてくれるようになるはずです。
では、早速やってみましょう。

その前に…
▽「お気に入りをバックアップする方法」はこちら
http://howcollect.jp/article/494
▽「メール関連をバックアップする方法」はこちら
http://howcollect.jp/article/495
▽「ディスクをクリーンアップする方法」はこちら
http://howcollect.jp/article/496
▽「ハードディスクのエラーチェックと補修方法」はこちら
http://howcollect.jp/article/497


<ステップ1>

1つ前のhow to(ハードディスクのエラーチェックと補修方法http://howcollect.jp/article/497)の<ステップ4>を参考に、電源オプションを設定し、その<ステップ1>から<ステップ2>に従って、ハードディスクのチェックや整理の出来るツール画面を開きましょう。

今度はタブキーを2回押して、「チェックする」のお隣にある「最適化する」という項目のところでエンター! これでディスクのデフラグ画面が開く訳です。
という事で、やはりディスクのクリーンアップから一気にやると楽だというのが判ってもらえるとは思いますが、勿論、この最適化作業もオンリーで行なう事に何の問題もないのは事実です。

<ステップ2>

まず自分のハードディスク内がどれだけ散らかっているかを見る事が出来るので、取り敢えず覗いてみましょうか?

タブキーを1回押し「分析」のところでエンターして、待つ事1分前後! 最適化前のディスクの使用状況が表示されます。適材適所で管理されているデータは青色で表示されるのですが、そうでないデータは赤色で表示されます。そう、赤色が多ければ多いほど、ディスク内は散らかっているという事です。

<ステップ3>

<ステップ2>の状況を踏まえ、最適化した方がいいか悪いかをパソコンは自分で判断します。
そして、最適化の必要がないと思えば、”このボリュームを最適化する必要はありません。”というメッセージを出してくれます。なので、その場合は、多少赤い部分があっても気にせず、全ての画面を閉じて、パソコンのお掃除終了です。

ところが、最適化が必要だと判断されれば、”分析完了報告(要最適化)”というメッセージが出ます。これはハードディスク内の整理整頓をして下さいという指示なので、早速デフラグ操作を行ないましょう。

<ステップ4>

<ステップ2>の画面からタブキーで「最適化」を選択肢、エンターを押します。すると、今度は待ったなしで最適化が始まります。
エラーチェックと同様、ディスクの容量や状態によりますが、やはり30分前後はかかると思っておいた方がいいでしょうね。ただし、デフラグの場合は、画面に進行状況のステータスバーが表示されますから、不安になる事はないと思います。

また、ネット回線さえ使わなければ、パソコンそのものの使用も可能です。とは言っても、最適化中に他のアプリケーションを使うと、更に時間が掛かると言われていますので、出来る事なら、デフラグ以外の画面を全て閉じ、放置しておいた方がいいでしょうね。

<ステップ5>

デフラグが終了すると自動的に”最適化完了報告”というメッセージが表示されますので、「閉じる」を選択してエンターしましょう。<ステップ2>と同様に、ディスクの使用状況が表示されます。

勿論、今度は赤い部分が大幅に減り、青い部分が目一杯増えているはずです。
これでパソコンのお掃除は全て終了! インターネット回線を接続し、楽しく快適なPCライフの再開です。

関連記事