2013.09.27

分かってほしい!ケチケチエコ彼氏が考えていること


付き合ってみたら、デートは全て割り勘。プレゼントもショボイ。大事にしてくれてないの?不満を感じている女性はたくさんいます。それに対して一言物申したいという男性もいることでしょう。そこで今回は自称財布の紐が硬い男性の声をアンケートで集め、ご紹介したいと思います。

1.今時お金を払うのは男性なんて、古い

「奢ってくれない、ケチだと彼女から文句を言われることは度々です。彼女の友達の彼氏がなんでも払う主義らしいんですが、職によって稼ぎも違うんだから違って当たり前。彼女も同じくらいの収入なのにいつも男性が払うなんて。男女平等なのに考えが古い。」(24歳/営業)

男女平等の考え方からすれば、割り勘はたしかに平等。もちろん稼ぎも生活も違えば、お金の余裕も違いますから、他人と比べられても困りますよね。ごもっともな意見です。でも、たまには頑張ってくれると、彼女としてはいろんなことにやる気がでますよね。

2.水とか電気、使ってるじゃん

「彼女は実家暮らしだから、大抵うちに泊まります。週に一回は必ず来ても、電気ガス水道は請求してないんだから、「化粧したり服買ったり大変なんだよ」と言われても、困るんですよね。」(22歳/学生)

ちょっとケチくさい意見・・・に感じますが、確かにその通り。ただ、服や化粧品って男性が思っているよりお金がかかっていたりするんです。たまには、「今日の服新しい?いいね」と一言、褒めて伸ばして欲しいものですね。

3.将来のための貯蓄

「今の彼女とは結婚を考えているから、無駄遣いはしたくない。仕事を辞めてもできるだけ苦労しないように貯めている。結婚したあとにお金の価値観が合わないのは困るから、今は生活が一緒にできそうかお試し中ですね。」(28歳/サービス)

彼のエコ生活についてきてくれる人かどうか、見極め検査をされているのかもしれません。お金につられて付き合ってるんじゃないよな?と最終チェックに入っているのだとしたら、安易な一言で将来の幸せを壊してしまうかも?未来のためを思えば、倹約家な旦那さんは助かりますね。

4.それでも付いてきてくれるのが彼女

「割り勘、デートは近場、彼女だからそれができるんです。彼女にするまでの道のりがとても大変だっただけに、それを続けていたら破産してしまいます。釣った魚に餌をやらないなんて怒られることがありますが、それは彼女がそう言いつつも付いてきてくれるって信じてられるからなんですよね。」(26歳/会社員)

ある意味油断ともとれますが、きっと彼女をゲットするまでに色々な努力と投資を続けたのでしょう。それが当たり前と思って、そこベースに考えていると付き合ったとたん手を抜かれた!と感じてしまいますが、今までが彼のマックス。息抜きをさせてあげないと、息切れして長続きしないかもしれません。

おわりに

女子会で「奢ってくれない男子とか、遊ばれてるか、金銭的価値観が合わないとしか思えない!」と言う人もいましたが、男性陣にも様々理由はあるわけですね。そこだけを指標にしないで、大きな器の女性を目指しましょう!

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事