2013.10.05

実は繊細?ぽっちゃり男子の正しい褒めセリフ・5つ


こんにちは、ぽこひろです。
安心感があってリラックスできる。かわいいし、優しそう。
そんな理由で、ややぽっちゃりな男子を好む女性も多いでしょう。
ですが、そんなぽっちゃり男子に対してむやみやたらに「ぷにぷに~」「やわらかい~」などと言っては「ハイハイ、僕はデブですよ」とひがんで殻にこもってしまうこと必至。
というわけで今回は、これを防ぎつつ、ぽっちゃり男子を喜ばせるための褒めセリフ5つを、20代のぽっちゃり男子50人に行ったアンケートをもとにして、お届けしますよ。

1.「○○君って絶対にデブではないよね!」

「僕たちぽっちゃりは、自分がデブと見られているかどうかに常にビクビクしているんです。だからまずはそこをハッキリ否定してほしい!」(IT関係/24才)
ぽっちゃり男子を前にして、「デブ」は禁句かと思いきや意外な答えです。たしかに、露骨に「デブ」と言うのを避けていると逆に、「僕がデブだから気を遣っているの?」とも思われかねませんからね。

2.「優しい人柄がにじみ出ているよね」

「体型をポジティブにとらえるだけじゃなく、人柄まで一緒に褒められた気がしてうれしくなる」(フリーター/26才)
これは非常に使える褒め言葉ですね。このたった一言で、外面と内面の両方を同時に肯定できてしまえるのですから、まさに必殺魔法です。

3.「力持ちだよね」

「ぽっちゃりな僕は、当然筋肉もそれなりにあって力持ちなんです。そこも見てくれたらうれしい」(運輸業/27才)
お相撲さんを思い浮かべましょう。彼らのカラダの内側には、外からは想像もできないほどの筋肉がぎっしり。体型のネガティブな面ではなく、ポジティブな面を見てあげる、発想の転換ですよ。

4.「最近は頼もしい男子が少なくて……」

「僕から見れば、どうしてあんなにガリガリな男子がもてはやされているのかわからない。僕の方が頼りがいがあっていいだろう」(公務員/29才)
これも発想の転換。カレの周りをけなして、カレを立てる方法です。女子のように細い男子や草食系の増えた今の時代、ぽっちゃり男子は逆に希少価値がありますよね!

5.「私、ぽっちゃりな人が好きなんだ」

「デブではなくぽっちゃりって言ってもらいたい。それから好きって言ってもらいたい。ただそれだけなんです」(商社/29才)
出ました! もっともシンプルにしてもっとも強力な呪文が! ようするに大切なのは、「アナタの体型を気にしていません。ていうかむしろ好きなんです」というのを正直に伝えることなんです。ためらわず、勇気を持って言ってみましょう。

おわりに

いかがでしたか?
褒められることよりもバカにされることが多かったかもしれないぽっちゃり男子は少し繊細でナイーブ。しかしその分、アナタの優しさと想いは、正しく伝えればきっと伝わるはずです。
肝心なのは、誠意です。カレの心を傷つけないようにしつつ、それでいて自分の気持ちはストレートに投げるべき。
ぜひ、がんばってくださいね。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事