2010.06.08

手軽に美味しく続けよう!ダイエット中のお弁当

ダイエット中は外食のカロリーが心配ですね。昼食をどうしても家で食べられない場合は、手作りダイエット弁当を作り、手軽においしくヘルシーにダイエットしましょう。

手作りダイエット弁当のカロリーは?

ダイエット中の外出でもカロリーを抑えて栄養バランスのよい食事をとるには、手作り弁当がおススメです。お弁当のカロリーはだいたい400~500カロリーにすることが目安です。お弁当箱を選ぶときは500ml程度の大きさの箱を選びましょう。

栄養バランスを考えて

ダイエット中のおかずには、栄養バランスも考えましょう。赤・茶・黄・緑のものを入れるようにすると、自然にお弁当全体の栄養バランスが良くなります。
また脂肪燃焼に必要な筋肉を作るタンパク質をとるため、肉・魚・卵のうち必ず1品を入れましょう。肉や魚は脂身の少ない場所を選びます。高野豆腐などの大豆製品を入れるのもいいですね。野菜を入れるときはミネラル分の多い緑黄色野菜にすると、ビタミンCやビタミンAを取ることができます。

お弁当の味付けに工夫しよう

ダイエット中はどうしても同じような味付けばかりになってしまいますね。美味しくダイエットを続けるため、お弁当の味つけにも工夫してみましょう。シンプルな塩コショウの味つけのほか、かつお節とポン酢しょうゆ、ノンオイルドレッシングなどバリエーションをつけると、ダイエット中にも味に飽きることがありません。塩分の取りすぎはよくないので、ふりかけよりも、海苔やおぼろ昆布を使うとよいでしょう。

調理法に工夫して楽しくダイエット

お弁当でダイエットを楽しく続けるためには、おかずの調理法にもバリエーションをつけましょう。お弁当には照り焼きや和え物、煮物やゆでたものなど、いろいろなおかずを組み合わせてみましょう。

ダイエットの目的別お弁当

炭水化物を減らしたい場合は、満腹感を得るため、食べごたえのある野菜やおかずを選びましょう。ゆでたブロッコリーやニンジンをたっぷり入れ、キャベツも添えるとなかなかのボリュームになります。味付けは塩コショウのほか、ポン酢にしても美味しく食べられます。
脂肪を燃焼したい場合は、脂肪燃焼を促進するトウガラシや、冷えを防ぐショウガ、代謝をアップするニンニクを使ったおかずがよいでしょう。玉ねぎやズッキーニなどの野菜に薄切りのニンニクを加えて電子レンジで加熱し、ゆでた豚肉の薄切りと一緒にノンオイルドレッシングで和えます。好みで塩コショウを加えて食べれば、ダイエット中でも満足感がいっぱいです。

まとめ

ダイエット中で気になる外食も手作りお弁当でおいしくヘルシーに解決です。バランスの良いダイエット弁当で手軽に楽しくダイエットしましょう。
関連キーワード

関連記事