2013.10.07

リヴァイ兵長、ミズタク・・・乙女のハート鷲掴み!「王道男子」の魅力とは?


アニメ「進撃の巨人」、朝ドラ「あまちゃん」が共に9月末に最終回を迎え、これからどう過ごしたらいいのか…と虚脱感に苛まれている方々がたくさんいることでしょう。
物語の面白さはさることながら、魅力的なキャラクターが多かったのも両作品の特徴。その中でも「進撃」の『リヴァイ兵長』、「あまちゃん』の『水口琢磨(通称ミズタク)』は全国の乙女のハートをがっちりキャッチ!二人とも30代と、「萌え」の対象としてはやや年齢高め?にも関わらず人気を博したその魅力と特徴を、18歳~28歳の乙女たちに聞いてみました。

1.少年漫画の王道!:リヴァイ兵長

「ものすごく強くて、クールで、低身長の三白眼。『幽・遊・白書』の飛影を彷彿とさせる王道のキャラなんだけど、やっぱり超カッコいい!」(28歳/看護士)
「口は悪いけど仲間思い。部下が殺されたときの感情を抑えた悲しみの表情が本当に切ない!兵長ついていきます!!」(19歳/大学生)

超人的な強さにクールな瞳と語り口、潔癖症なのに死に行く部下の血みどろの手を躊躇なく握り、必死に励ます姿…「定番のヒーロー像」ではありますが、王道は正義だと言わんばかりの圧倒的人気のリヴァイ兵長。アニメならではの“神演出”で、人気に拍車がかかったのではないでしょうか。カリスマ性があり、「ついていきたい」と思わずにはいられない、少年漫画系王道男子です。

2.少女漫画の王道?:ミズタク

「普段は飄々としていて低体温な感じなのに、ふいに見せる熱さ!そのギャップに落とされました・・・」(22歳/金融)
「最初はドライだったのにいつのまにかアキに対して必死に働いてる姿にキュンキュンしました。それは仕事じゃないでしょ!恋心ありきでしょ!と、朝からニヤニヤして見てました(笑)」(18歳/専門学生)

ギャップ萌え・・・まさに少女漫画の王道ですね。ミズタクの場合は、登場時からの変化していく姿にも乙女心をくすぐられるのかもしれません。「つれない彼が急に一生懸命になる姿」には惹かれるものがありますよね。リヴァイ兵長が「カッコイイ」少年漫画系・王道男子なら、ミズタクは「可愛い」少女漫画系・王道男子と言えるかも。

3.少年漫画系・王道男子に近づくには?

現実には、兵長やミズタクほどの男を見つけるのは至難の業…ですが、「王道男子」なら身近にいる!というご意見も。

「同じテニスサークルのAくんは、普段は目付きも悪くて無愛想。だけどいざ試合となると圧倒的に強くて、仲間へのフォローも忘れない。男女ともに、彼のファンは多いですよ」(20歳/大学生)
「クールでカリスマっぽい会社の先輩を好きになってしまったので、仕事も雑務もかなり頑張って、彼の力になれるポジションにつけました。彼には近付けるし社内の評価もあがるし、恋は偉大です。」(25歳/広告代理店)

やはり圧倒的実力があってこその「少年漫画系・王道男子」!女子だけでなく、男子をも虜にするのが特徴かもしれませんね。このタイプの彼に近づくには、まずは自分のレベルを上げて実力を認めてもらい、ペトラさん(精鋭揃いのリヴァイ班における紅一点)のポジションを狙うのが一番の近道!相当な努力は必要ですが、自分のレベルもあがり一石二鳥かも?!

4. 少女漫画系・王道男子に近づくには?

「ゼミの仲間のTの部屋に、研究のために押しかけたら、Tはまだ起き抜けでよれよれのジャージ姿の寝癖つき。いつもきれいめにしているので、そのギャップが可愛いかった!」(20歳/大学生)
「第一印象はテンション低めな人だなーと思ってたけど、サークルのバンド活動でのひたむきさにやられましたね。彼の好きなバンドを私も勉強して、一緒にライブに行ったりして距離を縮めて、付き合うところまでこぎつけました(笑)」(19歳/大学生)

ミズタクもゆるいスウェットの寝姿シーンがありましたが、ちゃんとしている人が「気を抜いた姿」を見せてくれるとなぜか乙女はハートを掴まれてしまうよう。これも母性本能?! 
少女漫画系・王道男子は「可愛い」のが特徴なため、「見ているだけでも満足できちゃう」という傾向もあるようですが、このタイプの彼に近づくには趣味を共有したり、彼の頑張りを応援するなどして友達になり、そこからステップアップしていくのがいいかも。

おわりに

2013年度の人気男子トップ2のお二人を「王道男子」という括りでご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。2次元のイケメンには及ばない(?)リアル男子も、「こんな一面は『王道男子』っぽいかも!」と発見できれば楽しいかもしれませんね。
来年度も、素敵な男子たちが現れますように…!

(福井優/ハウコレ)

<オススメ記事>

関連記事