2013.10.08

セルライトを撃退する食べ物・5つ


体型に関わらず存在するセルライト。ボコボコした見た目が美しくありませんよね。そんなセルライトにお悩みの方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、セルライト撃退&予防に果のある食べ物をご紹介したいと思います。

セルライトとは

バランスの悪い食生活や飲み過ぎ、むくみなどにより代謝が下がると、脂肪細胞が過剰に脂肪を溜めこんでしまい、脂肪の吸収・排出のバランスを崩します。その結果、脂肪細胞が老廃物を溜めこみ、むくんで膨らんでしまったものがセルライトではないか、と言われています。

セルライトを予防するには

セルライトを予防するためには、脂肪の代謝を良くし、血液やリンパの流れを正常に保ち、むくまないようにすることが肝心です。また、冷えも代謝が下がる原因となりますから、身体が冷えないようにすることも大切ですね。

セルライト対策になる食べ物・5つ

(1)生姜(ショウガ)
身体を温める効果があることで有名な生姜ですが、その効果は生の生姜ではなく、加熱・乾燥した生姜に強く現れます。また、生姜を加熱・乾燥させることで産まれるジンゲロンという成分には、ノルアドレナリンの分泌を促し、体脂肪を燃焼させて体温をあげる効果があります。身体が温まり血行が良くなるだけでなく、体脂肪を燃焼させる効果もある生姜は、セルライト対策にもってこいですね!

(2)レバー
レバーには、脂肪の代謝を助けるビタミンB群が豊富に含まれています。特にビタミンB2が豊富で、レバー5切れで、厚生労働省の定める推奨量の150%のビタミンB2を摂ることができます。糖質・脂質・タンパク質は、エネルギーとして使い切ってしまえば良いのですが、エネルギーに変える際に必要なビタミンが不足していると、使いきれずに脂肪として体内に蓄積されます。セルライトの原因の一つである皮下脂肪を溜めこまないためには、積極的にビタミンB群を摂ることが大切です。

(3)アマランサス
体内のミネラルバランスが悪いと水分代謝が上手くいかずむくんでしまいます。ミネラルバランス、というように、ミネラルは単体で摂るのではなく、バランス良く摂ることが大切です。アマランサスには、カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなど13種類のミネラルが含まれていて、意識しないと摂りづらいミネラルがお手軽に摂れ、むくみの解消に役立つ食べ物です。

(4)エノキ
エノキなどのキノコに含まれるキノコキトサンには脂肪の吸収を抑える働きがあります。特にエノキが注目されているのは、エノキだけに含まれるエノキタケリノール酸が内臓脂肪を分解し、肥満を抑制する効果があるからです。内臓脂肪が分解され、内臓が本来の働きを取り戻すことで、代謝UPに繋がりセルライトの原因となる脂肪や老廃物を溜めこまない身体が作られます。

(5)ゴーヤ
ゴーヤの種に含まれる共役リノール酸には、体内でエネルギーとして使われずに残ってしまった脂質が脂肪として蓄積されるのを防ぐ働きがあります。また、脂肪分解酵素「リパーゼ」の働きを活性化させる効果もありますので、すでに蓄積されてしまった脂肪の分解にも効果的です。炒めて食べれば、種もワタもさほど苦みを感じませんので、種ごと良く噛んで食べるのがおススメです。苦みが苦手な方は、ゴーヤ茶を飲むと良いでしょう!

終わりに

いかがでしたか?できてしまったセルライトを消すには、食べ物だけでなく適度な運動やマッサージも大切です。食習慣とワークアウトを上手に組み合わせて、来年の夏には堂々とビキニになれる、素敵ボディを作りましょう!

(岩田麻奈未/ハウコレ)

関連記事