2013.10.09

デートに誘っても「忙しいから」と断る彼氏の本音・4つ


彼氏をデートに誘ったのに、「ゴメン、ちょっと忙しいから」なんて断られてしまった経験のある方も多いかと思います。実は、男性の言う「忙しい」には4つの本音が隠されています。もちろん、本当に忙しいこともありますが、そうでないこともあるんです。今回は、そんな彼氏の本音についてお話しします。

1.彼女より優先したい趣味がある

「最近ゴルフが上達してきて面白くてたまらない。休みの日は早朝からゴルフに行きたい。ラウンド後は仲間と温泉に行ったり、そのまま泊まったりするのが最高!」(27歳/金融)
「サバイバルゲームにハマっているから、休日はがっつりサバゲーしたい。自然の中で本気で戦う緊張感がやみつきで、仕事中もサバゲーのことを考えてしまうほど」(25歳/流通)

趣味にハマる男性は多く、この他にも、サーフィン、ヨット、ダイビング、釣りといったマリンスポーツや、フットサル、バスケなども人気です。男性は女性よりも一つのことに打ち込む習性があるので、一度ハマると「何よりも優先したい!」と思うほど夢中になってしまう傾向があります。

2.彼女以外のコと遊びたい

「彼女のことも好きだけど、他のコも気になる。合コンも行きたいし、合コンで知り合ったコとデートもしたい。正直、いろんな女のコと遊びたい」(26歳/不動産)

ちょっとモテる人ほど、気が多いのかもしれません。しかし、本気でホレた女性が現れたら、あちこち目移りする余裕なんてなくなるものでしょう。まだそういう女性に出会っていないのか、今の彼女に甘えてしまっているのか分かりませんが、あまり女性を悲しませることはしないでいただきたいものです。

3.自然消滅狙いで距離をおこうとしている

「彼女のことが好きではなくなったけど、別れ話をするのが苦手。ズルイと分かっているけれど、彼女からの誘いを断ることでそれとなく気付かせて、できれば自然消滅させたい」(28歳/旅行会社)

「デートに誘われても断る理由は、気がないからだと気付いてくれ」とは、なんとも虫がいい話です。ですが、このような態度をとる女性もいますから、おたがいさまということでしょうか。何度も続けて断られるようなら、残念ですが別れが近いということでしょう。

4.心身ともに疲れ過ぎている

「出張続きの上に身内の不幸も重なって疲れた。休みの日くらい心ゆくまで眠りたい」(30歳/証券)

日々の激務に加えてプライベートでも多忙だと、心の底から休みたいと思いますよね。そんなときにゴリゴリ誘っては嫌われてしまいます。彼の体調を一番に考えるのが彼女というもの。お疲れモードの彼氏をそっとしておくのも愛情です。

おわりに

「忙しい」というたった一言にも、様々な本音が隠れているものです。彼氏を誘ったときに断られたら、本音はどれなのか考えてみるのもいいかもしれません。けれども、どの本音であったとしても、頭ごなしに責めたててはケンカになってしまいますから注意してくださいね。

(桜井結衣/ハウコレ)

関連記事