2013.10.09

恋の星・ヴィーナスに愛される!「飽きさせない女」になるコツ


占星術が扱う太陽系の星の中で、ヴィーナス(金星)は恋愛運を司っています。ヴィーナスの奏でる天上のメロディーに心を合わせてゆくこと。それこそが、今が旬のラブ・アプローチなのです。
 金星は10/8に蠍座から射手座宮へと移り、11/5まで射手座宮に留まります。射手座生まれの人だけではなく、全ての人に愛のメロディーを届けてくれるヴィーナス。星たちと共に美しいハーモニーを奏でるコツ、ご紹介いたします。

いつになく肉食系な夜へ

近頃、なんとなく大胆になっている自分に気づくことはありませんか? 明け透けに自分のことを語ったり、自分から誘いかけてみたり…。いつもなら遠慮してしまうような無理めな相手にも、ひるまずにアプローチしていったりして。
もし、そうしたいと思いながら、今のところは自制しているなら、この次はぜひ、心の動きに素直になりましょう。特に、日頃、待ちの姿勢が多い人は殻を破るチャンス! 「そんなキャラじゃない」というあなたほど、行動を起こすことで得るものが多いでしょう。挑発的に迫ることで、恋愛中の人も一気に関係を進展させられる可能性がありますよ。

マンネリ化は相性のせいじゃない?

なんとなく気持ちが冷めてきたり、最初より相手がそっけなくなってきたり、アプローチをしてもなかなか進展しなかったり…。そんなときには「この人は違うのかも」「相性が良くないのかな」と考えることもあるでしょう。この時期は特に、他の可能性が見えてきたり、人の幸せも目に付いたりしやすいため、「もっと良いご縁があるのでは?」と考えたくなるのも自然な心理なのかもしれません。
さて、そんな冷めたり飽きてしまう心理、これって好みや相性のせいなのでしょうか? いいえ、それだけではありません。その心の背後にある、自分自身のあきらめの気持ちが大きな要因となっているケースが多々あります。自分も相手もまだまだ魅力的になり得るのに、関係性の中で成長していけるのに…。その可能性を見ようとしないので「もうダメだ」と答えを出してしまうのです。そこに気づけるかどうかは、深い心のつながりを求めるあなたにとってはとても大切なポイントです。

飽きない恋へ

最初の情熱が冷める頃、そこからが本当の関係性の始まり。互いに本当の魅力を見出し合っていくときです。
射手座の金星は今、「飽くなき挑戦の情熱」をプレゼントしてくれています。もっと魅力的になって、好きな人と互いに切磋琢磨してゆけば、今までにない最高の恋の幸せへとジャンプ・アップできる可能性もあるときです。「こんなもんだ」と可能性を投げ捨てないでくださいね。
現状や今の相手への不満から、「もっといいもの」を求めるのではなく、ピュアな向上心とチャレンジ精神から、「もっといいもの」を求めるあなたには、素晴らしきヴィーナスの恩恵が降り注ぐときとなるでしょう。

射手座のヴィーナスに愛されるための4つのラッキー・アクション

1. スポーツやアウトドアを楽しむ
初めてのスポーツにチャレンジしてみましょう。ボディメイクや体力作りのためのジム通い、ダンス・レッスンもお勧め。ハイキングやトレッキングも良き出会いにつながりそうです。

2. グローバルな感覚を育む
視野を広げましょう。海外など、未知の場所への旅行を楽しむのもお勧めです。語学のレッスンに力を入れるのもいいでしょう。

3. 自分を磨くため、成長のために学ぶ
読書の秋を楽しんだり、気になる映画や講演会に足を運んでみるのもいいでしょう。じっくり味わうことで、深みのある魅力が育まれること請け合いです。

4. 健やかな魅力全開に
 しっとりした女らしさより、飾らない健やかな魅力に好感が集まるときです。男性の目を意識したファッションや振る舞いではなく、「顔色が良く見える色」や「自然な景色に合う服装」などを意識して選ぶといいでしょう。

おわりに

いかがでしたか? 「自分らしさ」も大切ですが、自分が思う「らしさ」の他にも、あなたの中にはたくさん魅力が眠っているかもしれません。新たな魅力を発見するべく、「キャラじゃない」と思うことにも、ぜひ積極的にチャレンジしてみてくださいね。そんなあなたを射手座のヴィーナスは応援してくれますよ。

(斎木サヤカ/ハウコレ)

関連記事