2013.10.14

経験少なめ女子にオススメ!「素直さ」で恋をつかむ方法


「好きな人はいるけど、どうアプローチすればいいのか分からない」「巷にあふれるモテテクを使うのはハードルが高い」・・・恋愛経験が少ない女子の中には、こういった悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、ゆあんさんの著書『忘れた恋のはじめ方』を参考に、恋愛経験少なめ女子にこそオススメの「素直さ」で恋を掴み取る方法をご紹介します。

1.恋は「トライ&エラー」誘いたいなら誘う!

「もしかして、断られるのが怖くて、自分から出会いのチャンスを逃していませんか。自分から働きかけることのできる人に、出会いのチャンスが多いのです。」

「断られて傷つきたくない」「急に誘ったら変なふうに思われるかも」などと、誘うことを重く感じてしまう人は、どうしても一歩踏み出せません。でも、誰かを誘えば、断られる場合もあるのは誰でも同じです。その時「そういうこともあるよね」と軽く考えて、「次はこういうやり方をしてみよう」と、次回に活かせる人は、うまくいく確率も自然と高くなるのです。自分からアクションを起こすことに慣れるためにも、「数打ちゃ当たる」精神で、深く考えずに声をかけてみましょう。

2.無理に演技しない!

「自分を良く見せようとしてミスをしまいと一生懸命になっていては、相手も疲れてしまいます。何も、いい女を演じることもないし、無理に家庭的な面を見せようとすることもない。ありのまま、多少バタついても、そのほうがかえって可愛いと思います。」

いざ一緒にごはんに行くことになったけど、相手によく映るようにと一生懸命自分を作っていませんか?確かに、誰だって好きな人には「かわいい」「いい子だ」と思って欲しいですよね。でも、だからといってガチガチに自分を作り上げて完璧にこなそうとしても、いつかボロが出ます。それに、自分に置き換えてみても、まだよく知らない相手がちょっとした失敗をしたら逆に親しみやすさや可愛らしさを感じますよね。失敗を取り戻そうとしても、元の緊張と失敗したことの焦りでうまくいきません。ここは「失敗しちゃった、てへぺろ☆」精神で、思い切って「すみません、ちょっと緊張しちゃって」と言ってしまいましょう。

3.心からの笑顔は素直さをあらわす?

「この人に喜んでほしい、という気持ちがあれば、嘘のない笑顔で接することができます。ほんとは笑顔の練習でなく、気持ちの練習なんですね。」

そもそも男性は、本能的に女性に「従順さ」を求めるとされており、目が大きい女性を可愛いと感じるのは、そこに幼児性、ひいては従順さを本能レベルで感じるからだという説もあります。その説を正しいとすると、あどけない「素直な笑顔」を男性が好むというのも納得ですよね。「どうすればうまくいくだろう」「次につなげるためにはどうしよう」と先々を計画してうまく運ぼうと考えるのではなく、「この人と一緒にいて楽しい」「この人にも楽しんで欲しい」という思いでその場を過ごしましょう。そこから生まれた笑顔は、その場の雰囲気を良くし、相手にも幸せや喜びを感じてもらえます。

4.見返りを求めない!

「「自分が何をしてもらいたいのか」ではなくて、「何をしてあげられるか」を考える人。相手が今、何を考えて、何をしてほしいのか、そこで自分ができるのは何かと考える人は、相手に「もう一回この人に会いたい」と思わせる力を持っています。」

「相手に自分のことを好きになって欲しい」という意識での行動は、空回りを招いたり、うまくいかなかったときのダメージも大きくなります。「好きな人に喜んで欲しい」というシンプルな思いで行動しましょう。シンプルな優しさや思いやりは、相手に負担をかけないだけでなく、ゆっくりと距離を詰めることにもむいており、まさに恋愛経験が少ない人にはぴったりの方法なのです。

おわりに

何事も、自分からアクションを起こさないと、何も起こりません。あなたが「どうしよう・・・」と思っているうちに、気になる彼も、どこぞの誰かとくっついてしまいます。失敗を恐れて行動しないでいると、「失敗するかも」「傷つきたくない」という恐怖が大きくなるばかりです。難しく考えず、「好き!」という気持ちに正直に、素直に行動してみると、新たな道が開けるかもしれませんよ。

(Sakura/ハウコレ)

参考:ゆあん著『忘れた恋のはじめ方』廣済堂

関連記事