2010.06.08

会話が弾む!父の日のプレゼントの選び方

6月第3日曜は父の日ですね。
お母さんとはよく話すからプレゼントも選びやすいけれど、
お父さんには何を贈っていいかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

お父さんに喜んでもらえるプレゼントの選び方を紹介します。


家族との時間

インターネットサイトgooのランキングによると、
父の日にうれしいプレゼントとして「家族との時間」が挙げられています。
お父さんが近くに住んでいるのならば、直接足を運びましょう。

一緒に住んでいる場合でも「父の日だから」と感謝の気持ちを伝えましょう。

お父さんとの時間の過ごし方

会話が苦手なお父さんと、何を話していいかわからないということもありますね。
一緒にテーブルに着けるように、
お父さんの好きな食べ物を買っていきましょう。
和菓子、洋菓子、果物でもいいと思います。

買った商品について、何かエピソードがあるといいですね。
「子供のころ、お父さんが好きでよく食べていたのを覚えていたから」とか
「お父さんの田舎の名産で人気があるらしい」という話題があれば、
お父さんも楽しんでくれるでしょう。

手作りの料理・お菓子

時間があれば、手作りのお料理やお菓子をプレゼントするのもいいでしょう。
我が子の成長をしみじみと感じ、喜んでくれるはずです。

一緒にお酒を飲む

お酒をたしなまれるお父さんなら、好きなお酒をプレゼントすると喜ばれるでしょう。
いつも飲んでいる銘柄がわかれば「お父さんが好きなお酒だから」と
お父さんのことを理解していることが伝わる一言を添えましょう。

お酒に合うおつまみを用意する

ふだんお父さんが選ばないようなおつまみを探してみるのもいいでしょう。
目先が変わって、お父さんも楽しめるでしょう。
話題になっているようなものと、
お父さんの好みにあったものを用意しておけば好みが合わなかったときでも安心です。

質問をしましょう

せっかくですから、会話が弾むような質問を用意しておきましょう。
最近読んだ本、観た映画、若い時に好きだったものなどを聞くと、
お父さんに対しての理解が深まります。

遠くにいて会えないとき

プレゼントはしたいけれど、遠くにいて会いに行けないという場合は、
デジタルフォトフレームをプレゼントしてはいかがでしょうか。

帰省の回数が少なくても、普段の自分の日常生活がわかるような画像が見られるようにしておけば、
お父さんも距離感を感じず安心できるでしょう。
また、帰省した時の話題にも困らなくてすみます。
ラジオや時計など機能も充実しており、最近人気の商品というのもいいですね。

まとめ

一年に一度の父の日ですから、きちんと感謝の気持ちを伝えたいものですね。
お父さんが喜ぶ顔を思い浮かべて、プレゼントを選んでください。
「ありがとう」というのが照れくさいという人はカードをつけることを忘れずに。
関連キーワード

関連記事