2013.10.16

バンギャルに習う!辛い失恋を乗り越える方法・5つ


バンギャルがこの世で一番大嫌いな言葉は「大切なお知らせ」。そのリンクをクリックすると「メンバーで話し合った結果、解散することとなりました」という文字が表示されており、バンギャルは目の前が真っ暗になります。言ってみれば、失恋と同じです。失恋をしたときは、親が亡くなったのと同じくらいの大きさのダメージを受けるそうです。バンギャルは好きなバンドが解散するたびにショックを受けますが、やがて立ち直ります。彼女達の立ち直り方を見習うと、失恋時に立ち直るヒントを得られるかもしれません。では、さっそくその立ち直り方を見ていきましょう。

1. 泣きながら音源を聴く

泣くことはストレス解消になります。大好きなバンドの大好きな曲を泣きながら聴くと悲しさは増しますが、徐々に現実を受け入れられるようになります。失恋時には彼との思い出の曲を聴いて、楽しかった頃の思い出にひたってみましょう。辛いとは思いますが、同時に音楽が癒してくれるはずです。アルバムを1周聴き終わる頃にはだいぶスッキリしているかもしれませんよ。

2. 別のバンドを探す

通っているバンドがなくなってしまったら、それを埋めるように別のバンドを探すバンギャルもいます。別のバンドが今まで好きだったバンドと同じ存在にはならないと思いがちですが、気付くと新たに見つけたバンドに夢中になっていることもあります。恋愛だって、失った男の寂しさを埋めるには新たな男が必要です。積極的に合コンに参加したり、イベントに出かけたりしてみましょう。

3. 復活を待つ

V系バンドは解散や活動休止をしても、復活をすることがたびたびあります。そのため、復活の時をじっと待っているバンギャルもいます。別れてしまった彼とだって復縁があるかもしれません。不仲が原因で別れたわけではなかったら、希望を抱いて待ってみるのもいいでしょう。

4. 寝込む

大好きなバンドが解散してしまったとき、あまりのショックに寝込んでしまったバンギャルを知っています。体の抵抗力が落ちているときに、激しいショックを受けると一気に体が弱ってしまうようです。忙しい毎日で、頑張り過ぎていることに気付かない人も多くいます。失恋がショックで体調を崩してしまったら、ゆっくり体を休ませてあげてください。

5. バンドは生き物だと思い込む

バンドは生き物なので、いつかは必ず解散します。男女の気持ちだって生きていて、常に変わらないとは限りません。ですので、生き物の終わりが来たのだと思い込み、潔くあきらめましょう。そのためには、いつ彼を失ってもいいよう、普段から二人の時間を大切に過ごしてくださいね。

おわりに

バンギャルにとってバンドの解散は失恋と同じくらいのレベルのショックだということがお分かりになったかと思います。失恋は辛く悲しいものですが、上記の方法を参考にすると、傷の回復が少し早くなるかもしれませんよ。

(姫野ケイ/ハウコレ)

関連記事