2010.06.08

パソコンメールの連絡先をiPadに同期する方法

iPadを持っていれば、外でもパソコンメールの送受信ができますね。でも、最初の時点で「連絡先」は真っ白です。メールをより便利に使うために、連絡先の同期は必須ですね。

ステップ1

パソコンでiTunesを起動して下さい。
起動したら、ケーブルでiPadをパソコンに繋ぎます。

繋いでしばらくすると、「接続中」となります。画面左側の「デバイス」に「◯◯のiPad」が表示されたら、そこを選びましょう。そして出てきたタブのうち、「情報」タブを選びます。

ステップ2

「連絡先を同期」にチェックします。その右側で同期するパソコンメールをどれか選びましょう。するとそれぞれ指示が出されるので従います。

私はGmailの連絡先を同期したいので、「Google Contacts」を選びました。

ステップ3

このような表示が出てきました。「切り替え」をクリック。

ステップ4

ここはもちろん「同意する」。

ステップ5

Googleのアカウント情報を入力します。

ステップ6

それが済んだら、またこの画面に戻りました。ここで右下の「適用」をクリック。

すると同期開始です。連絡先に登録しているアドレスが多ければ多いほど、同期に時間がかかるかもしれません。待ちましょう。

同期完了

同期完了の表示が出たら、さっそくiPadのホーム画面にある標準アプリ「連絡先」をタップして開きます。

全て入っていましたか?
これでメールを送信する時も、連絡先は選ぶだけです。


iTunesを使わずにパソコンにある連絡先データをiPadやiPhoneに入れるには、iPhoneの連絡先をインポートするソフトの利用も可能です。

ビデオはこちら!

編集機能もあるようですので、キーボードで編集できるようになると便利ですね。
関連キーワード

関連記事