2013.10.19

アラサー女性が思う、大学生のうちにやれば良かったと思うアクションとは?


ほとんどの人が「最後の学生時代」となる大学生。学生のうちにやりたいことはたくさんある…でもいつのまにか時間を浪費しちゃってる、という方も多くいるのでは?今回は、アラサー女性のみなさんに、「大学生のときにしておけばよかった!」というリアルな後悔の声をご紹介します。

1.勉強

「学生時代は遊ぶことやバイトのほうが楽しくて…勉強を疎かにしていたことを後悔。社会人になると勉強するのは自分の為になることだったんだと実感してます」(26歳/広告)「英語や経済学、マーケティングなど、仕事でも役に立つ勉強もしっかりやっておけばよかった」(28歳/メーカー)

大学生は勉強以外にもバイトやサークルなど、色々と夢中になることがありますよね。しかし教授の元で、沢山の文献に囲まれて勉強できる時期などもう二度と来ません。せっかく大学に通っているのでしたら、「この研究だけは頑張った」と自信を持てるくらいには頑張りましょう。

2.積極的な恋愛

「妙にプライドがあるくせに自信はないから、チャンスを棒に振ることが度々ありました。若いんだからもっと積極的になってよかったのに!」(29歳/金融)
「失恋したらハイ次、と行くくらいのスタンスでいれば良かったと思います。この歳になるとどうしても慎重になってしまうので…」(31歳/メーカー)

アラサー女性の皆さん、身を持って体感しているのが「若いときはもっと積極的に恋愛をすればよかった」ということのよう。アラサーの恋はどうしても『結婚』の二文字が頭をかすめてしまうもの。それに比べ、「好き」の気持ちだけで突き進むことができ、失恋しても早く立ち直れるのが若者の恋愛の特権です。大学生のうちにいい恋をたくさんできたらいいですね!

3.海外への旅、留学

「英語が苦手だからと、親が薦めてくれた留学はせずにいました。でも苦手だからこそ行っておけばよかったと後悔。社会人になると、したくてもできません」(28歳/マスコミ)
「学生料金で行けるし、安くいけるパックでいいからもっと海外旅行しておけばよかったです。今は、お金があっても休みが取れない…」(32歳/事務)

『長期休み』が取れるかどうかが学生と社会人の大きな違い。社会人も夏期休暇が取れるはず…とは言え、立場によってはそうじゃないこともあります。忙しくても、時間の調整がしやすい学生時代のうちに海外経験を積んでおけばよかった、と思うアラサー女性が多いようです。

4.家族との時間を取る

「友達といるのが楽しくて、家族との時間を過ごさなかったことを後悔。社会に出て忙しく働いているうちに、親はいつのまにか歳を取ってます。自分に時間があり、親も元気なときに、旅行とかしておけばよかった…」(30歳/公務員)
「結婚して自分の家族を持つと、親と水入らずの時間を取れなくなった。余裕のある学生時代にもっと親孝行しておけばよかったなぁと思う」(32歳/編集)

「親も歳を取る」というのは、自分が若いときはなかなか気付かない点ですよね。お休み自体が貴重な社会人になると、親孝行する余裕もなくなり、余裕がでる時期になると結婚し自分の家族を持ち…と、意外と「親子水入らず」で時間を過ごす機会を取れなくなるものです。旅行とまでいかなくとも、休日にショッピングなど、一緒に過ごす時間を作るだけでもきっと親は喜んでくれますよ。

5.部活やサークル

「入った会社が体育会系体質。部活をやったことがなかった私は慣れるのが本当に大変でした。上下関係も学べる部活をやっていると、社会人になっても強かったかも」(26歳/広告)
「やっぱり部活系の活動をしていた友達は繋がりが強い。ずっと仲が良く繋がっていられるのは、熱中した時間をすごしたあの頃があったからこそ」(33歳/メーカー)

部活や、部活に近い熱心なサークルは、大変だった分卒業してからの結びつきも強いようですね。特に体育会系を経験するとメンタルが鍛えられるので、会社で厳しい先輩に当たっても強くいられるかもしれません。

おわりに

いかがでしたでしょうか? 学生時代は永遠に続くようで、実は終わりのある貴重な時期。人生の先輩の「リアルな後悔」の声を参考に、残りの学生生活を充実したものにしてくださいね。

(福井優/ハウコレ)

関連記事