程良いかわいさ!彼の「うさぎちゃん」になるコツ・5選


とても寂しがり屋で甘えん坊、人懐っこく素直でかわいい。まるでうさぎのようなこの手の女の子は、愛されるのがとても得意です。でも、あまり恋愛に積極的ではない奥手男子からすると「かまってちゃんは面倒くさい」「付き合ってて疲れそうな人は嫌」などとあまり好評ではない様子・・・。うさぎちゃんらしさは、ほどよく取り入れるくらいがちょうど良いみたいです。今回は、20代男性へのインタビューをもとに、「彼の『うさぎちゃん』になるコツ」をお教えします。

1.静かにすり寄る

「彼女はそこまで寂しがり屋じゃないけど、一緒にいるときに俺がメールやテレビに集中してしまうと、黙ってすり寄ってくる。「ねえねえ!もっとかまってよ!」とうるさく騒がないところが、いじらしくてかわいいなと思う。」(26歳・広告)

「寂しがり屋な女の子はかわいいけど、かまってちゃんは面倒くさい」というのが男性の本音。寂しがり屋なうさぎが愛されるのは、物を言わないからこそです。寂しくなったときは、身も心もうさぎになりきって、無言で彼にすり寄っちゃいましょう。

たとえ会えないときでも、怒涛のメール攻撃はNG。我慢できなくなったときに「寂しいな」と一言送るくらいでセーブしましょう。ちょっと気持ちを抑えるだけで、構ってあげたくなるいじらしさがぐんとアップします。

2.誰にでも懐く

「彼女を自分の友達と会わせると、どんな相手でもすぐに仲良くなる。後日、友達に『いい彼女じゃん』と褒められるのが嬉しい。ある程度の人懐っこさって、結構大事なことだと思う。」(25歳・金融)

彼との関係が深くなれば、家族や友人、上司など彼の周囲の人に会う機会も増えてきます。そういうときに、誰に対してもニコニコと感じよく接することができると、あなただけではなく彼の評価もアップします。「彼の友人に手を出す」など、ビッチな人懐っこさは勿論論外ですが、誰にでもほどよく懐けるというのは大事なことです。

3.マイペースなところもある

常にこっちに合わせて行動して、ベタベタ甘えてきてくれる子は、最初こそかわいく思えるけど、だんだん主体性の無さが気になりだす。普段マイペースで自由に振る舞っている子が、たまにべったり甘えてきてくれるほうがレアで嬉しい。」(24歳・小売り)

うさぎは「捕獲される生き物」なので、人間に抱っこされるよりも、好き勝手に飛び跳ねたり自由に寝たりするほうを好むそう。でもそんなマイペースな子がいきなり甘えてきたら、軽く感動するほどかわいく思えますよね。

ひたすらマイペース、あるいは甘えて常にベッタリ、とどちらか一方に偏ってしまうと飽きられてしまうのも早いです。緩急をつけるためにも、「自分が甘えたいときだけ彼に甘える」という、ちょっとワガママなスタンスをとってみるのもアリかもしれません。

4.ときどき大胆

「本物のうさぎみたいに万年発情期だと、ちょっと会えないだけで浮気されちゃいそうで心配。ときどき大胆っていうほうが良い。たまに彼女のほうから誘われたりするとテンション上がる。」(22歳・学生)

ほどよくエッチな女の子は愛されますが、万年発情期ともなるとちょっと腰が引けてしまうという男性も多々。「ビッチなのか?」「隠れて浮気とかしてるんじゃないか?」などとあらぬ心配をしてしまったりもするそうなので、ときどき大胆になるくらいがちょうど良いみたいです。エッチしたいなーと思ったときに素直に「したいな♪」と言えば、きっと喜ばれるはず。

おわりに

「他人にほどよく甘えられる」ということが、愛されうさぎちゃんになるためのポイントと言えそうです。ちなみに本物のうさぎは「手をなめる」「足の周りをぐるぐる回る」「プゥプゥプゥと鳴く」といった行動で愛情を表現するんだとか。うさぎになりきって甘えたい方はぜひ参考にしてみてください。

(小嶋もも/ハウコレ)

<オススメの記事>