2013.10.21

カサカサ肌を潤す!美肌になるコンビニスイーツ・5選


晩秋は空気の乾燥のせいで肌がカサカサになる季節です。ウルウルピチピチになるために、体の中から潤いを補う食材を美味しく食べましょう。

そこで薬膳師として女子の美容と健康をサポートするマダム晴子が、伝統的な東洋医学をベースに、晩秋を元気で綺麗に過ごすための「食べるコスメ」ともいえるお勧めコンビニスイーツをご紹介します。

1. アロエヨーグルト 

「乾燥による皮膚の痒みがある」「肌の表面が熱っぽくほてりがある」「夜なかなか寝付けない」「もともと便秘がち」「目が赤く充血しやすい」といった人にはアロエヨーグルトがおススメ。
ヨーグルトの中でもアロエヨーグルトは体の中の渇きを冷やしながら潤すことができるスイーツ。大腸の調子を整え、乾燥からくる痒みやほてりを抑えることで水分たっぷりの女性らしいひんやりした美肌になることができます。

2. ナタデココ

「口が渇きやすい」「胃腸炎を起こすことがある」「不整脈がある」「便秘や下痢になりやすい」「むくみやすい」といった人にはナタデココがおススメ。
ナタデココはココナッツから出来ています。特にナタデココは食物繊維が豊富で整調作用が高く、また体内の渇きを潤す働きによって美肌効果が期待できます。

3. 牛乳プリン

「喉や口が渇きやすい」「体力に自信がない」「乾燥が気になる」「から咳がでる」「きめ細やかな肌になりたい」「踵がひび割れる」といった人には牛乳プリンがおススメ。
牛乳を飲むとお腹を壊してしまう人でも牛乳プリンならば安心して牛乳の良質な動物性たんぱく質や、各種ビタミン、ミネラルを摂取することが可能です。将来的には骨粗しょう症予防効果も期待できるでしょう。

4. 杏仁豆腐 

「風邪の治りかけに最後、咳がでる」「便秘がち」「肌の乾燥が気になる」「しゃっくりがでる」「喫煙する習慣がある」といった人には杏仁豆腐がおススメ。
杏仁豆腐はアンズの種を砕いて砂糖とゼラチンを加えゼリーにしたものです。杏仁が肺と大腸を潤すことで、高い美肌効果が期待できる、まさに食べるコスメの王様。また咳を止める働きも期待できるので、気温の変化や乾燥で風邪をひきやすい人は、冷蔵庫に買い置きしておきましょう。

5. はちみつキャンディ

「乾燥肌でひび割れる」「午後になるとから咳が増える」「秋が深まり便秘が悪化してきた」「疲れて食欲が湧かない」といった人には「はちみつキャンディ」がおススメ。
はちみつは採取された花によって有効成分に多様性があるとはいえ、ビタミン、ミネラルが豊富で、お腹の調子を整えるオリゴ糖も含まれています。そしてはちみつに含まれる酵素が殺菌作用をもつことから風邪の予防効果も期待できます。

おわりに

いかがでしたか?
東洋医学では、潤いたっぷりの美肌になるには直接水分を摂取するよりも、「潤いがとれる食材」を選んで食べることが大切だと言われています。
ランチタイムのデザートに手軽に入手することができるコンビニスイーツを堪能することで、ウルウルピチピチの美肌になりましょう。

(マダム晴子/ハウコレ)
Image courtesy of  rakratchada torsap/ FreeDigitalPhotos.net
関連キーワード

関連記事