2013.10.26

その投稿は逆効果?モテを遠ざけるブログアピール


ブログでは女子力アピールも含め、自身のブランディングに役立つツール。実際、男性は、女性のネット活動をチェックしています。ですが、良かれと思ってアピールしたにも関わらず男性にとってマイナスなイメージを与えていることも多いのが現実です。そこで今回は、男性に逆効果なブログアピールをご紹介したいと思います。

1. 高そうな食事の写真をアップ

男性はプライドが高い生き物です。もし、自分がこの子のことを好きになったら、口説けるか判断しています。ブログなどで、いつも交友関係が広そうだったり男友達が多そうだと怖じ気づいてしまいます。その中で一番男性が危険視するのは、食事です。
年上の人に連れて行ってもらっているのか、高そうなレストランや料理の写真などをアップし、美味しかったとコメントしているのを見ると、「自分は満足させることができないんじゃないか」と自信をなくしてアタックすることをやめてしまいます。あまりにもいい食事を続けている模様が伺えると確実にモテは逃げて行きます。

2. ユーモアあります感

男性は女性にユーモアを求めていません。笑わせてもらいたい気持ちはひとつもなく、笑ってくれることを望んでいます。ブログで自分の失敗談やネタをユーモアありまっせという感じで自虐的に話していると、しんどさを感じます。自分は三枚目もいけますよという感じは、男性から受けません。むしろ「こんな自分って面白いでしょ」というドヤ感が伝わってしまうので、なるべく抑えましょう。

3. いつも同じ角度の写真

男性は、女性の写真を見るためにブログをのぞきに行っています。内容云々ではなく、可愛く写っている写真目当てでアクセスをしているので、同じ角度ばかりでキメているとあざとさに引いてしまいます。男性は、そういう女性のしたたかさに敏感なので気をつけましょう。

4. 遊んだことをブログに書いちゃう

自分とデートやゴハンに行ったことを実名を出されてブログに書かれると、男性は引いてしまいます。公言されるということはなんとも思ってないのかなとか、ただのブログのひとネタに過ぎないんだとがっかりしてしまいます。

自分と特定されないように、楽しく遊んだことが書かれていると二人だけにしか分からない記事になるので、なんだか秘密を共有しているようで、効果ありです。

5. 意味深な病み記事

男性はメンタルが弱くそれをネットに吐き出す女の子に対して、めんどくさそうという見解を示します。仕事や学校、人間関係でうまくいかないことを、誰かにかまって欲しいがためにブログを書いているんじゃないかと疑ってしまいます。なるべく精神は常に安定し、ポジティブシンキングの人間だと思われた方がモテます。

ポエムや歌詞めいたものをのせたりするのは、もってのほかなので気をつけましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

男性は気になった女性のブログは必ずチェックしていると思ってください。自分の好きなものや傾向を伝えられる素敵なツールなので、効果的に使えるよう自分の記事を見直してみましょう。

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事