2013.10.25

ふんわり立体感!クリームチーク&パウダーチーク活用法

今回は、ふんわり可愛くて立体感のあるチークの入れ方をレクチャーするよ。
ポイントは、パウダーチークだけでなく、クリームチークとパウダーチークの2種類を使ってグラデーションを作ること。チークの入れ方ひとつで、女の子らしく華やかな印象になります。
さっそくメイク方法を見ていきましょう!

1.コントロールカラー


透明感重視のコントロールカラーを、チークをのせる部分を中心にのせる。

2.クリームチーク


クリームチークをのせる。指ではなく、スポンジを使ってのせよう。また、いきなり頬にのせるのではなく、手の甲などで量を調節してから、頬に横楕円型にのせていこう! 正円に近いと可愛い印象に、横楕円に入れると、すこしスッキリとした印象になるよ。

3.プレストパウダー

薄くプレストパウダーをのせる。
この時、クリームチークをのせた部分には極力少なめにのせよう!

4.パウダーチーク


チークブラシの毛を束ねる意識で持ち、そのままパウダーカラーをとって、クリームチークをのせた部分より小さめにパウダーチークをのせる。
束ねるようにブラシを持って付けることで、チークののりがよくなり、すこし濃いめに色を出せるよ。
この工程でチークにグラデーションが生まれ、頬がふっくらと前に出るような立体感を持たせることが出来ます!

5.ハイライトカラー


ハイライトカラーをブラシにとり、チークをのせた部分とのせていない部分の境目をなくすようにチークの周りに一周ぐるっとブラシを動かしてハイライトをのせる。

完成!

クリームチークとパウダーチークを重ねることで、立体感を出しながら、ふんわりと仕上げることができますよ。女の子の可愛さを引き出す、チーク。ぜひ活用してみてくださいね。

(モデル:山崎登月)
(弾塚凌/ハウコレ)

関連記事