2013.10.27

男性が一発で恋愛対象から外す「めんどくさい女」の特徴・4つ



男性は、可愛い女の子が好きですが、可愛いだけでモテるほど簡単な世の中ではありません。男性は付き合うとなると意外とシビア。女性には、その可愛さに伴った「中身」を求めます。中でも男性が嫌うのは、「めんどくさい女性」です。
今回は、男性が一発で恋愛対象から外す「めんどくさい女」の特徴をご紹介したいと思います。

1.「でも」のオンパレード

男性は、頭のなかで論理立てて話をしています。比べて女性は脈絡がないことを感覚的に話すことが多く、中には平気で話をさえぎる人もいます。女性はそういうものと分かっている男性でもない限り、こういった話し方をする女性は「話を聞けない子」に映りイメージは悪いです。

また、なんの話をしていても「でも」「だって」と反論体勢で切り込んでくる女性も男性を疲れさせます。相手のことを認めようとせず、否定から話を始めることが癖になっていると、口論になる確率が高くなります。男性は、余計な口喧嘩なんかしたくありません。
「でも」を封印するだけで、グッといい女に近づきますよ。

2.「うち付き合うとめんどくさいよ」というセリフ

恋愛の話などをしていると、「うち付き合うとめんどくさいよ」と手のかかる女自慢を始める女性がいます。マイナスアピールでしかありません。
「連絡は毎日」「彼氏とケンカしてばっかりだった」など、話さなくていいことをベラベラなんの考えもなしに話すのは、自分の株を落としていると気付いてください。
男性は、それを聞いて一発で恋愛対象から外してしまいます。誰だって危ないと分かっている爆弾は避けて通るに決まっています。

いかに付き合うのが楽か、そこをアピールしたほうが得策です。

3.「なんでもいいよ」からの否定

優柔不断で決めることが苦手な傾向の女性によくありますね。男性が「なに食べたい?」聞くと「なんでもいい」と言うくせに、「じゃあイタリアンにしよっか」と決断しかけると、「うーん、そういう気分じゃないなあ」と否定したりします。
男性は、こういうささいなストレスを抱えたくありません。「〇〇が食べたい」と提案をしろとまでは言いませんが、決めるか従うか、はっきりとしたスタンスをとることが大事です。

4.写メを見せてくる

「ねえねえこの子可愛くない?」「これがいとこの赤ちゃんでさあ」と、話をするたびに写真を探して見せてくる女性がいます。男性にとっては本当にどうでもいいし、写真を見て覚えてないと「こないだ写メ見せたじゃん」「え?覚えてないの?」と文句を言われたりします。
男性は、知らない事柄についての写真を見せられて、彼女と同じテンションで楽しめません。男性はどんなリアクションをすれば、女性の機嫌を損なわないか考えなくてはいけないのでただただ面倒なのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

男性は、めんどくさがり屋です。あなたがどれほど付き合うのが楽そうで、手がかからなそうか、情緒は安定しているかチェックしています。
まずは、あなたの習慣が男性の目にめんどくさい女に映っていないよう振り返ってみましょう!

(白武ときお/ハウコレ)

<オススメ記事>



関連記事