2013.11.01

恋愛体質への生まれ変わりのために、明日からできる4つのこと


寒さも厳しくなり、人肌恋しい季節がやってきました。現実逃避を繰り返して自分を慰めていても、突然流れ出す冬の風物詩的な音楽に、ぞっと寒気を感じることになりかねません。そこで恋愛体質になって、恋人を得るために必要なことを20代女性にアンケート。明日から取り組めそうな、簡単なテクニックを選んでご紹介します。

1.11時以降にPCやスマホを見ない

「恋人がいない分際で言う事ではないかもしれないのですが、まず規則正しい生活が送れていないので、人に合わないのが原因の一つだと思っていて・・・。夜中にごそごそ活動するのをやめれば、肌も生き返るかな。」(24歳/フリーター)

撮りだめした録画番組やネットサーフィンをしていて、気がつけば朝に近い時間になっているということはありませんか?早く寝るという目標では、具体的な説得力が無いので、ちょっと変えて11時以降の活動を制限するのはいかがでしょうか。PC・テレビやスマホを見れば気になる情報を見つけてしまう可能性があります。それより本を読んだり、パックをしてみたりなどして時間を使い、12時には就寝モードに入れば、健康だけでなく知識まで身に付きます!

2.服とコスメを買いに行く

「時間があったら出掛けて、洋服や化粧品のお店に入るようにしました。気に入った服やコスメでやる気になって見た目を気にするようにしたので、カレが声をかけてくれたんだと思います。」(22歳/学生)

インドア生活が、非恋愛体質に磨きをかける一因になってはいないでしょうか。「別に彼氏がいるわけでもないから」「ほとんど社内で過ごすんだから」と適当な服やメイクで出掛けては、恋愛はジリジリと遠のいていくでしょう。そのためにまず、明日からできるのは買い揃えることです。買い物に出かけましょう。

3.スケジュール帳に空きを作る

「体質の問題というか、彼氏ゲットにかける時間が問題だと思います。私も仕事の予定ばかり入れていた頃は恋愛なんて無縁。これじゃいけないと思い、転職してプライベートの予定を入れられるようになってからは縁に恵まれるようになりました。」(28歳/コンサル)

忙しいというのは恋ができない人にとって便利な言い訳と捉えられてしまいますが、実際に空いている日がほとんど無い、という人もいるのではないでしょうか。恋愛が生まれない環境にずっといても進展は無いので、環境を変えることが恋愛チャンスをつかむためには有益のようですね。といっても、環境なんてすぐに変えられません。本当に忙しいのかスケジュール帳を確認しましょう。空きがあったら、ラッキー!なんとしてでも予定を入れてみましょう。

4.決死の覚悟で女子会を断る

「女子会をしない。これで解決です。女子会なんて生産性ゼロじゃないですか。恋愛のチャンスなんて女子会にはありませんから。それより男友達を捕まえて飲みに行けば、いい人を教えてもらえたりしますよ。」(26歳/会社員)

予定は女子会で埋まっています、というある意味プライベートで忙しい人は、その予定を入れないという決意が必要かもしれません。女子会があることを言い訳に、現実の問題から目をそらすことにつながります。愚痴っても恋愛体質にはなかなかなれません。

おわりに

恋愛体質は生まれ持った才能ではなくて、後天的に身につけることができるかもしれません。大学デビュー・社会人デビューなど、きっかけを利用したり、こつこつと習慣を変えたりしていくことで、数年後の縁が近づくきかっけ作りをしていきたいですね。

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事