2013.11.03

もう一度やり直したい!好きな人と復縁する方法4選


別れてみて気づいたけど、あの人がやっぱり一番だった…なんてことありますよね。しかし、復縁は一方的に迫ってもうまくいくものではありません。相手の気持ちが離れているときには、何をしても逆効果になってしまうものです。そこで今回は、実際に復縁を果たした女性たちにインタビューを実施。好きな人と復縁するためのコツを聞いてきました。

1. 半年間は一切連絡しない

「うろ覚えではあるけど、男性は別れて半年後に元カノの良かったところを思い出すようになると聞いて、半年間はまったく連絡を取らずにいた。それで、半年経ってから、彼に何となく連絡を入れたら、そこから復縁できた」(27歳/経理)

半年間、一切連絡と取らずにいるのは、元彼とやり直したい人にとっては、苦しいでしょう。しかし、それを実行すれば、離れている間に「やっぱりあいつのことが…」と、彼も思い出し、やり直せるチャンスが巡ってくるのかもしれませんね。

2.あえて恋愛と距離を置く

「あえて恋愛に意識を向けないようにしていた。元彼のことを思い出すと、さみしくなってしまったから…。仕事に趣味に楽しんでいたら、別れて1年後くらいに、元彼の方から連絡をくれて、会うことになったよ。それで、向こうから復縁して欲しいと言われて、うれしかったな」(24歳/事務)

別れた直後、元彼を追いかけてしまうと、相手はどんどん逃げていってしまいがち。さみしいからこそ、恋愛以外のことに意識を向け、毎日を充実させれば、元彼にあなたの心の充足感が伝わるのかもしれませんね。

3.自分の欠点や間違いを徹底して直した

「最初、元彼と別れた原因は、お互いにあると思っていた。でも、キッカケを作ったのは私だったんだよね。それに気づいてから、自分の欠点や間違いを徹底的に直す努力をしたよ。もう大丈夫だろうと思った頃に、元彼に電話して、会ったら、復縁できた」
(28歳/アパレル)

たとえ、別れた原因が二人にあったとしても、あなたが自分の欠点や間違いを直すことで、相手のあなたに対する態度や振る舞いも、自然と変わるもの。同じ失敗を繰り返す危険性の少ない理想的な復縁パターンですよね。

4.ありのままの自分でいることにした

「元彼と付き合っていたとき、嫌われるのを恐れて、本当の自分を出せずにいた。だから、デートのたびに疲れてた。そこを元彼に見抜かれたのか、他の女性を好きになったと別れを告げられて、悔しかったな…。そこからありのままの自分でいる努力をしたら、元彼から“最近、何だか輝いているね”と言われて、復縁に至った」(30歳/広告)

ありのままの自分でいることは、意外と難しかったりします。特に好きな人には、嫌われたくないという気持ちが強く、かっこつけたり、見栄を張ったりしがちでしょう。でも、ありのままのあなたの方が何倍も魅力的な可能性が高いんですよね。

まとめ

復縁には、元彼と別れた原因を探るのも大事ですが、自分を変えることの方がもっと大事でしょう。過去の自分のままでは、同じ間違いを繰り返してしまうかもしれませんからね。復縁を望んでいるあなたは、ぜひ参考にしてみてください。

(羽音/ハウコレ)

関連記事