2013.11.03

「いつも盛り上げ役になっちゃう」女子必見!お姫様扱いされる女の特徴


同じ女なのに、3の線でおもしろい役、盛り上げ役ばかり要求される女子と、たいしてかわいくもないのに男性にいつもお姫様扱いされる女子に分かれるものです。いつもお姫様扱いされているのも女としてつまらないですが、好きな男性の前では、常にお姫様でいたいというのが女心というもの。今回は、お姫様扱いされる女子の特徴をご紹介しますので、好きな男性の前でぜひ、使ってみてくださいね。

1.テイクを受け取るのがうまい

人と人との関係は、ギブアンドテイクです。自分がなにかをしてもらったら、こちらからもお返しをして、また自分がお返しをもらったら、またなにかする、この繰り返し。尽くし尽くされ、お互い様の関係が一番バランスが良いのです。尽くされたとき、変に遠慮すると、断っているように見え、逆に尽くしたほうは「悪かったんじゃないか」と不安になってしまうものです。席を譲られたり、ごはんをよそおってくれたり、レディーファーストをしてくれたときは、その好意を素直に受け止め、「ありがとう」と感謝し、テイクを受け取りましょう。

2.会話の受けがうまい

男性のなかには、単に会話を楽しむというだけでなく、自分がおもしろいことを言って女性を楽しませなくては、と考え常に会話を準備してるタイプがいます。せっかく準備したおもしろい会話、女性のほうがもっとおもしろいことを言わなくてはとがんばってしまうと、会話のなかでお互い疲れてしまいます。うまく相槌をうったりリアクションを取ったり、相手が言ってほしいこと、例えば「○○くんはおもしろいよね」など、会話の「受け」を強化すると、そんな男性の自尊心を満たすことができ、お姫様扱いにも繋がりますよ。

3.約束を守る

お姫様扱いされるには品格も大事です。やさしい気持ちで、人の悪口を言わず、人に誠実に接していると、自然とお姫様扱いされるものです。約束をやぶる、など論外です。ヘタな駆け引きもあさはかにみえてしまいます。あなたが誠実な態度でいれば、どんな男性も誠実に接しなくてはいけないと思うはずです。約束は守り、できない約束はしないようにしましょう。

4.褒め上手

男性は褒められたい生き物です。「○○くんはすごいよね」「○○くんはかっこいいよね」など、これだけの言葉で男性は仕事や人生、すごくがんばれるようになるものです。男を怖がってはダメです。好きな男性だとついつい萎縮してしまいますが、あなたが萎縮すると男性は本当に好意を示していいのか迷ってしまいます。どんな男性にも、プリンセスのように、おおらかに、自信をもって接しましょう。そんなあなたから褒められ、何かしてあげたときに感謝されると、男性も気分がいいものです。

おわりに

いかがでしたか?いつもは、3の線で盛り上げ役に徹していても、好きな男性や彼氏にはお姫様扱いされる女子になりたいものですよね。いつもおもしろいだけ、いつもお姫様扱いされるだけ、というどちらかだけの女子はつまらないです。どっちもできて、好きな男性に「オレの前だけでは違うんだよな」と思われる女子が、本当に大切にされます。

(内野彩華/ハウコレ)

関連記事