2013.11.05

Sなカレと付き合うメリット・デメリット4選


S男というと自己中なワガママ男を連想する女性が多いと思いますが、そういうタイプはじつはむしろMで、Sは一見控えめで物静かであることが多いもの。今回はSM愛好者が集まる場に長年身を置く筆者が、そんなS男性をカレにしたときのメリットとデメリットをご紹介します。

1.【メリット】精神的に安定している

人を支配したい! と考える人間が自分の内面も制御できなかったら、支配なんてとてもじゃないけどできません。Sには精神面の安定、万が一安定していなかったとしても、少なくともそれを自力で処理できることが求められます。
怒らないだとか、感情の起伏に乏しいわけではありませんが、突然感情が爆発したり、理由もなく暴走することはないので、人として非常に付き合いやすい性質の持ち主だといえるでしょう。

2.【メリット】たくさん話せる

基本的にSは聞き上手です。これはたくさん話させることで相手のことをよく知り、より効果的に内面に踏み込んでいくため。自分のことを語るのが大好き! という方は、Sなカレと付き合うとたくさん話を聞いてもらえます。その分、相手に自分を支配するためのヒントを大量に与えることになりますが……。

3.【デメリット】いつの間にか主導権を握られている

優れたSは、Mの「支配されている」という感覚を上手に操ります。時には自覚させ、時には無自覚のうちに……四六時中「支配されている」と感じてばかりでは相手も疲れてしまうとわかっているのです。また、自らが本当に通したい要求を通すべく、引くべきところでは引いたり、相手に尽くすような行動を見せたりも。
こうしてSなカレが手を替え品を替えしているうちに、いつの間にかすっかり主導権を握られていた! なんてこともあり得ます。

4.【デメリット】いつの間にか弱みを握られている

握られるのが主導権だけならまだいいですが、尽くすような態度や包容力に甘えまくった挙句、弱みを握られることもあります。弱みとはもちろん社会生活上の弱みも指しますが、そうではなく心理的な弱み……たとえばこういう状態のときにこういう声を掛ければコロっと言うことを聞くなど……を握られることも。そうなればあなたはより、Sなカレの思うままになってしまうでしょう。

おわりに

これまでいろんなSを見てきましたが、優れたSは相手をほどよく依存させるのが上手です。今回紹介した4つの要素はすべてSが相手を依存させるために踏むステップであり、メリット・デメリットとあえて分けて紹介しましたが、結果としては同じところに行き着きます。
「やりすぎ」はよくないですが、もし多少でもMっ気があれば、Sなカレへの適度な依存は恋愛をより楽しくしてくれるかもしれません。

(早川舞/ハウコレ)

関連記事