出逢いがないと嘆く女性が今すぐにやめるべきこと


「出会いがない」と嘆く多くの女性は、その現状を打破するために自分の行動を変える必要がある、ということにあまり気付いていません。ここでは、「出会いがない」と嘆く女性が今すぐにやめるべきことを6つ、ご紹介します。

1.出会いが欲しいと言いながら休日は家にいる

当たり前ですが、家にいて出会うわけがありません。何でもいいから、外に出て出会いがある場に出かけましょう。「どこに行けばいいかわからない・・・」という方にオススメなのが、市民向けに休日に開かれている大学の講義。様々な世代の人が集まりますし、教養も身につきます。家にいては出会いはネットの中だけ。ネットも良いですが、リアルな出会いをする為に出かけましょう。

2.行動範囲が家と自宅の往復

こちらに関しても、出会いがないのも当たり前です。
今すぐにワンパターンな行動はやめましょう。仕事帰りにジムに行く、何かのサークルに入ってみる。面白い講演に行ってみる。ボランティアに参加してみる。行動範囲を広げるためにリサーチして、実際に行動範囲を広げましょう。もちろん、「そんな時間も体力もない・・・」という人もいるでしょう。そういう人は、ちょっと違う道で帰ってみる、違う交通機関を使ってみる、等、ちょっとした変化からでも意識してみましょう。

3.旅行はいつも女同士か母親と一緒

1人旅は国内旅行でも(海外旅行の方がよいのですが)出会いの確率が高いのです。そんな出会いのチャンスに女友達や母親と出かけたら、出会うものも出会いません。また泊まる場所はホテルなどでなく、アットホームな民宿やペンションの方がよいでしょう。四国など沢山の若い女性が1人で旅をして、その先で意気投合した男性と旅を楽しんでいます。ただし、自分の身は自分で守れるように、適切な判断は大切です。

4.趣味の場は女ばかり

「出会いが欲しくて習い事も始めたけど・・・」という方。その趣味は女性ばかりがくるような趣味ではないですか?そうなったら出会いはいつも女性ばかりになってしまいます。女性の友達が増えれば、そこから男性を紹介してもらったり、という間接的な効果も望めなくはないですが、「出会い」を目的に動くならそれは少々遠回り。テニスやワインなど、気軽に男性が参加するような趣味をいくつか見つけて参加しましょう。

5.コンサートや映画に行くのも女友達と

私の女友達で、クラシックのコンサートでたまたま隣に座ったのをきっかけに出会った男性と最後には結婚した女性がいます。毎回、毎回、女友達二人で出かけると、出会いから遠のいていきます。女二人でどこでも出かけていくのはやめましょう。女友達と会う時間と、1人で行動する時間のバランスが大事です。少しでも出会いの可能性を広げるならば、1人で行動できる女に今日からなりましょう。

6.男性だけでなく、新しい世界の出会いを広げる

「出会いがない」といっても、男女かかわらず新しい人に会うことがない、という方。男性との出会いが極端に少ない女性は、新しい世界との出会いも少ないのです。いつも自分の意心地のよい場所にいる為、新しい世界をもっている人との出会いもありません。男性だけに限らず自分の視野を広げる為に、新しいことをはじめましょう。そこから出会いの輪が広がります。

おわりに

いかがでしたか?
実は出会いはいくらでもあるのです。出会いを止めているのはその女性の『やる気のなさ』や『消極的な態度』から来ているのです。出会いたいのなら、勇気をだして少しづつ行動を変えていき、出会いやすい環境をつくりましょう。

(荻原かおる/ハウコレ)