2013.11.09

特別な人だからこそ!男性が本命彼女にだけ求めること・5選


可愛さ、スタイル、エロさ、優しさ・・・何かしらの要素に惹かれて人は人を好きになります。重視するポイントは、まさに千差万別。でも、男性が本命彼女だけに求めることは大体5つくらいに絞られるようです。今回は20代男性へのインタビューをもとに、「男性が本命彼女にだけ求めること」を5つご紹介します。「モテるけど、いつも遊びで終わってしまう・・・」という女性は必見です。

1.頭の良さ

「男はバカな女が好きっていうけど、本命の彼女は賢いほうが絶対に良い。実際、今の彼女はたぶん俺より頭良いけど、理性的で話が通じるからストレス感じないし、色々と相談に乗ってくれたりして心強い。」(22歳/大学生)

「女はちょっとバカなくらいがいい」と言われてはいますが、それは遊びの場合だけ。将来的には、お金の管理や子供教育などを任せる可能性もある本命彼女には、理性的で頭が良いことを求める男性も多いです。加えて、適度にバカを演じれば、彼の自尊心もきちんと満たすことができます。ときには「これ、わからないから教えて」と彼を頼ってあげましょう。

2.穏やかさ

「ワガママな、かまってちゃんが可愛く見えるのは最初のうちだけ。結局は、一緒にいて安心できる人が一番。結婚するかもしれない本命彼女には、疲れとかも癒してくれるような穏やかな人を選ぶ。」(26歳/商社)

エキセントリックな彼女は付き合っていて面白いかもしれませんが、本命にするのは非常にリスキー。むやみに泣いたり怒ったりする女性と何年も真剣に付き合い続けるのは、とても大変です。喋り上手よりも聞き上手をめざし、彼を穏やかに包み込めるような存在になりましょう。

3.コミュニケーション能力

「どんなに愛し合っていても、ずっと二人だけの世界にいることはできない。本命彼女は親とか友達とかにも会わせたいし、上手くやっていってほしいから、人見知りしなくて協調性がある子がいい。」(24歳/小売)

彼の周囲の人間と関わる機会が多いというのが、本命彼女の特徴。気が利いて誰とでも仲良くできる子のほうが、彼も安心できるようです。彼の親や友達と仲良くなってしまう「外堀埋める作戦」が功を奏してプロポーズに至るパターンも多いそうなので、コミュニケーション能力は高ければ高いほど良いでしょう。

4.素直さ

「ミステリアスな女性も芸術家肌な子も魅力的だけど、結婚はしたくないなと思う。やっぱり本命彼女は、性格が難しくなくてわかりやすい子がいい。喜怒哀楽の表現が素直で、ケンカしても寝たら忘れちゃうような子が最高。」(27歳/マスコミ)

面倒くさい子と付き合い続けるのは、楽ではありません。ちょっとしたサプライズでも大喜びしてくれるような、単純でわかりやすい彼女とのほうが、愛は育みやすいのです。ケンカしても意地を張らずに謝りあえるような素直さはとても大切です。

5.気安さ

「他の女の子と本命彼女との一番の違いは、一緒にいても緊張しないということ。何でも話せるから、彼女と二人でいると楽しい。ちょっとくらいダメなところ見せても嫌われないっていう安心感は大きい。」(23歳/大学院生)

ドキドキがなくなってきたからといって、すぐに別れを予感する必要はありません。「一緒にいて楽」というのも、男性が本命彼女に求める大事な要素の一つ。部活や仕事を頑張る彼には、ほっと一息つける場所が絶対に必要だからです。彼がちょっとダメでも、「そういうところも、私は好きだよ」と言ってあげましょう。「俺にはコイツしかいないな」と思わせることができるはず。

おわりに

「男にはちやほやされるけど、なかなか本命彼女にしてもらえない・・・」という方は、上記5つの項目のうちどれかが致命的に欠けているのかもしれません。今一度、彼と一緒にいるときの自分の言動を思い返してみましょう。

(小嶋もも/ハウコレ)

関連記事