2013.11.10

注意!キャリア系女子が陥りがちな可愛くない言動・4つ


知識豊富で頭脳明晰、行動力もあってなんでもテキパキとデキる「キャリア系女子」。完全無欠に見える彼女たちですが、こと恋愛に関してはうまくいかない人が多いようです。その原因は、つい可愛くない言動をとってしまうこと。たとえ自分では無意識だとしても、男性に与えるショックは大きいものです。実際にそんなショックを受けた男性の声をご紹介します。

1.「借りをつくるのは嫌!」

「難しい案件を抱えて大変そうな同期の女子に『手伝おうか?』と言ったら、『これは私の仕事だから、手を出さないで!借りをつくるのは嫌っ!』と怒ったように言われて、あっけにとられた。借りをつくってやろうなんて発想、俺にはなかったからビックリ。彼女が困っていても、この先声をかけないと思う」(25歳/新聞)

仕事が大変だとイライラすることもあります。それでも、「手伝おうか?」と言ってくれる人に対してこの言葉はありませんよね。どんなに忙しくて余裕がなくなっていても、せめて気持ちだけは「ありがとう」と受け取りましょう。それに、たまには相手の好意に甘えてもいいんですよ。

2.「あなたには関係ないでしょ」

「明らかに風邪をひいているから気遣ったら、『あなたには関係ないでしょ』と冷たく言われた。まあ、そうなんだけど。そんな言い方しなくても……。」(24歳/不動産)

「関係ないでしょ」とハッキリ言われるとショックを受ける男性は多いもの。というのも、せっかく気を遣ったのに、気を遣うことすら拒否されたと感じるからです。体調が悪いときは心のゆとりもなくなりがちですが、そんなときこそ相手を思い遣るよう気をつけましょう。

3.「あなたに時間を使うメリットって?」

「隣の課に美人で仕事も出来る女性がいて、ずっと気になっていた。そこで、勇気を出して食事に誘うと、『あなたに時間を使うメリットって?』と聞き返された。即答できなかった自分も情けないけど、こんなキツイ女性は無理だと思った」(27歳/証券)

たとえどんなに自分に自信があっても、ものすごく忙しくても、まるで圧迫面接のような質問をするのはやめましょう。忙しければ忙しいほど、時間の価値を考えるのは当然です。ですが、大切な時間を割くべき相手かどうかは口に出さずに判断し、断るときも相手の気持ちを考えて丁重にお断りしましょう。

4. 「意外と博識?」

「会話中に彼女が知らなかったことを言ったら『へ~意外と博識?』と評論家のように上から言われた。君は一体何様なんだと腹が立った」(28歳/公務員)

本人に上から言っている意識がなくても、このような言葉は上から目線で感じが悪い印象を与えてしまいます。物知りでスゴイと思ったら、素直に「スゴイ」と伝えましょう。男性はそんな素直な言動に可愛さを感じるもの。プライドや照れは置いておいて、ときには素直に振る舞うことも必要です。

おわりに

仕事をバリバリこなすうちに、ついつい可愛げを忘れがちになってしまうキャリア系女子。知らないうちに男性に威圧感を与えてしまわぬよう、心に余裕をもって素直で可愛い女性を目指しましょう。

(桜井結衣/ハウコレ)

関連記事