超危険!太りやすくなってしまう逆効果ダイエット法・3つ


女子なら誰でも興味のあるダイエット。みなさん、どのようなダイエットを試したことがありますか?その時は、ダイエットに成功したように思えても、実は身体の仕組みが崩れ太りやすい身体になってしまう危険なダイエットもあるのですよ。そこで今回は、逆効果になってしまうダイエット法を3つご紹介したいと思います。

1.低カロリーダイエット

カロリーを制限するダイエットは、栄養のバランスを考えてカロリー制限をしないと代謝の悪い太りやすい身体になってしまいます。なぜなら、エネルギー消費に必要な筋肉が減ってしまうからです。筋肉はタンパク質から作られています。カロリー制限をしても、しっかりタンパク質を摂り、エネルギー代謝に必要なビタミン・ミネラルを摂らなくては痩せ体質を作ることはできません。
また、カロリーゼロの人口甘味料もNG。米バデュー大学の研究によれば、人工甘味料は体内や脳内の仕組みを混乱させ、余計に空腹感を感じたり、甘いものが食べたくなる衝動を起こさせることが発表されています。

2.サプリメントダイエット

補助的に使うには問題ありませんが、脂肪の吸収をカットする、糖質の吸収をカットする、といった吸収を妨げるサプリメントは、本当に必要な脂肪や糖質の吸収まで妨げてしまう危険があります。
必要な栄養素を吸収できないと、身体は栄養失調状態になってしまい、過食を招きます。用法・用量を守り使わないと、逆効果につながる可能性がありますのでサプリメントに頼り切ったダイエットはとても危険です。

3.下剤ダイエット

また、下剤を使うのもNG。
下剤は、無理に腸のぜん動運動を引き起こし排便を促すので、腸の本来持っているぜん動運動を起こす力を麻痺させてしまい、ますます便秘を悪化させ余分な老廃物を溜めこんだ太りやすい身体になってしまいます。
どうしてもお腹が張って辛い時に下剤を使うのは仕方がありませんが、ダイエット目的で下剤を使うのはやめましょう。

4.長期にわたる単品ダイエット

一つの食材だけを食べて痩せるダイエットは、短期的には効果がありますが、長期的に続けると筋肉が落ちてしまい、代謝の悪い太りやすい身体になってしまいます。また、当然栄養バランスも悪くなるわけですから、体調を崩す原因にもなりかねません。例え代謝を良くするダイエットであっても、一つの食べ物だけ食べていては、栄養が足りずお肌もボロボロになってしまいます。ダイエット効果のある食べものを上手に取り入れることが大切です。

おわりに

いかがでしたか?スリムな美ボディをキープするのは、低カロリー食でもサプリメントでもなく、代謝の良い溜めこまない身体を作ることです。結婚式やパーティーなど大切な1日のために多少無理をするのは仕方がありませんが、日常的に無理なダイエットをするのはやめましょう。美ボディは一日にしてならず!です。食べるものに気を使うのって大変ですが、大変なことをサラっとこなす女子って素敵ですよね。毎日コツコツ続けて美ボディを養いましょう!

(岩田麻奈未/ハウコレ)
関連キーワード