2013.11.13

嫌われない!上手に自分自身をアピールするコツ・4選


友達と話しているときや、ツイッターで呟いたりするとき、お気に入りの持ち物を紹介したり、自分のちょっとスゴいところをさりげなく自慢したりしたくなるよね。でも、ヘタにアピールをすると「自慢してるヤなコ」って思われちゃうかもしれないよ?上から目線って思われないで、ウマく自分をアピールするために、次の4コのポイントをしっかりおさえておこう! 

1.まずは関係ない話をする

いきなり自分のアピールを始めると「うわ、また自慢かよ」って思われちゃう。だから最初は関係ない話をしてみよう。たとえば、新しい服をアピりたくても、まずは天気の話とかするんだ。「最近寒いよね」「うん、だからこのセーター買ったんだ」こんな自然な流れでのアピールであれば、相手だってイヤな気持ちにならないでスムーズにあなたの話を聞いてくれるよ。

2.ほかの人をほめる

自分をアピールしてばっかりの女子って「このコ、自分が一番と思ってるよね」って友達から思われちゃう。そうすると自分勝手だと思われて、だんだん友達が減っていく。自分勝手だと思われないようにするには、自分以外の人をほめるのがいいよ。たとえば、上手にできた自分のメイクをアピールするとき、タレントさんやモデルさんのメイクを「あーいうのイイよね、今日ちょっとマネしてみたんだ」とかって言ってみよう。自分以外の他人をほめてから本題に入るだけで、友達の反応も変わってくるよ。

3.自分以外のせいにする

自分で自分のことをほめると、自慢してるみたいになっちゃうよね。そうならないためには、自分以外の人が言ってることにしちゃおう。たとえば、「ウチ、しっかり者なんだ」って言うと自慢してるみたいだけど、「ウチ、長女だからしっかり者らしいし」って言えば、「そっか、確かにしっかりしてるよね。長女だからなんだね」ってなるから、自慢だと思われない。相手も素直に納得してくれるよ。

4.ダメなところをちょっと入れる

たとえば、あなたの彼が、あなたにゾッコン一途なイケメン男子だったとしても、それを正直に言うと周りから嫌われちゃう。みんなあなたの彼氏がうらやましくなって「ちょっと生意気」「自慢?」って思っちゃうんだね。そんなときは、「ウチのカレってビミョーにおバカ入ってて・・・(笑)」とかって言ってみよう。ちょっとでも彼にダメそうなところがあるとわかれば、みんなも安心してあなたの自慢話を聞いてくれるよ。

羽林由鶴さんからのメッセージ

アピールしすぎてイヤがられるのもツラいけど、ぜんぜん自分のことをアピールできないのもつまんないよね。みんなにアピールしたいこと、聞いてほしいことを、ガマンして隠さなくってもいいんだよ。ガマンするんじゃなく、今回の4コのポイントをおさえて上手にアピールすれば、みんなからイヤがられないですむからね。上から目線と思われず、だけどちゃっかりと自分をアピールできる、そんなステキなアピり女子になっちゃおう!

(羽林由鶴/ハウコレ)

関連記事