2013.11.13

イラッとする!付き合わない方がいい「女々しい男」の特徴5選


男性の草食化が叫ばれる昨今。単になかなか手を出さないというだけではなく、女性がドン引きするレベルに女々しい男性は増えています。付き合ってみたら意外に、軟弱な男だったりしたらがっかりしますよね?

今回は、付き合わない方がいい女々しい男の特徴をご紹介したいと思います。

1.SNSを監視

「前の彼がブログなりTwitterでわたしの行動を監視して来て辛かった。たまたま彼に言ってなかったことを、気軽にTwitterに書いたりしただけで、『それは聞いてない』とか怒られたり。もう怖いレベル」(27歳/アパレル)

今ではTwitter、Facebookをやっていない人が珍しいほどになりました。好きな女性のSNSをチェックして、なんでも知った気になってしまう男性がいます。そして、他の男と遊んだことが分かるといちいち心境に変化があらわれてこじらせる。そういったチェック癖のある男性は付き合うとめんどくさいです。男ならそういうチマチマした行動をせずにドシッと構えていて欲しい物ですね。

2.依存症であまえんぼう

「甘えてくる彼に応えてるとどんどん男らしさが消えて行って、ちょっとでも自分がかまわなくなると機嫌が悪くなったりする。甘えられると最初は嬉しいし楽しいけど、なんだか破滅に向かって行くような気もする」(25歳/メーカー)

男性は女性の中に母性を見つけてしまうとそこに甘えてしまいます。そして、その甘えに彼女が応える生活が続くと、彼女に対する依存度もが高まるのです。草食化した現代の男性は、甘える相手を欲しています。連絡がやたらマメだったり、電話が好きな男は、依存度が高い可能性があるので気をつけましょう。依存されると、お互いのバランスが悪いと必ず悪い方向へ進んでしまいます。

3.段取りが悪い

「遅刻もするし、忘れ物もするし、段取りが悪いひとっていうのは駄目。歩く日なのに革靴で来たり、イライラする」(26歳/広告)

「どこいく?」「なにする?」「〇〇なんかどう?」とリードすることなく、なあなあのプランで物事を進めようとする男性は、付き合うとめんどくさいです。このタイプの男性は、頭のどこかで「まあ、彼女もいるんだしなんとかなるでしょ」と思っている可能性が高く、デートひとつにしても段取りを決めてくれないし、「旅行に行こう!」などといった提案もしてくれません。気になる男性がいたら、段取りの分かっている男性かどうか見極めましょう。

4.あとに引きずる

「男ならスパッと昔のことは切り替えて欲しい。前のことをいつまでもグチグチ言ってるのを見ると本当に情けなくなる」(29歳/コンサル)

「なんだよこの店クーポンあったのかよ」と、過ぎたことに対して文句を言ったり、あとから愚痴をはくタイプの男性は付き合うとロクなことがありません。ネチネチして過去を引きずるタイプなので気をつけましょう。
過去の彼女に対して悪く言っていたりすると、女々しいと考えて間違いないです。

5.付き合ってから「女々しい男」とわかった時は?

最初は「男らしい人」と思ったのに、だんだん本性が出てきて「女々しい男」になってきた……。という場合も結構あると思います。気を許しているからこそ、本性を出しているのですから、急にキビしい態度をとるわけにもいきませんね。
耐えられないくらい、女性への依存度が高く、一緒にいて疲れてしまう場合は徐々に距離をとっていくのもいいでしょう。

でも、もしあなたといる時以外は男らしくて、会社などでキビキビ働いている場合はちょっと観察してみる必要があります。
過度のストレスの反動で、一時的に“甘えん坊”になっているかもしれないからです。

そういう場合は冷たく距離をとるのではなく、しっかり甘えさせてあげたほうがいいかもしれません。
でも、甘えさせてばかりじゃストレスがたまります。誕生日やクリスマスには、しっかり「お返し」をしてもらいましょう♪

おわりに

いかがでしたでしょうか?
男性は、なんとなく自分のことを女々しいと感じつつもやめられません。付き合うとめんどくさいタイプの女々しさかどうか見極めて恋をしていきましょう!

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事