2013.11.18

男子が女子に「聞きたくても聞けない」あれこれ・5つ


意中の男子に「あたしのこと好き?」と聞くことができれば、ものすごくすっきりした気分になりますよね。男子もおなじように、女子に聞いてみたいことをたくさん抱えて、ちょっとモンモンとしながら暮らしています。
いったい男子は、女子に対して、なにを聞きたくて、なにを聞くことができないのか? 
男子にインタビューしてみました。さっそくご紹介しましょう。

1.元カレについて

「オレは一生懸命facebookで彼女を口説き落としたけど、その前の彼とはどこでどんなふうに出会って、どんなお付き合いをしたのか?このへんにものすごく興味があるのですが、なんか根掘り葉掘り聞くと、小さな男に思われる気がして、ずっと聞けません」(23歳/大学生)

案外、見かけによらずとんでもない恋愛をしていたりする女性もいますもんね。聞かぬが花ということも世の中にあるということです。

2.女子の収入源

「ぼくも彼女も大学生なんですが、彼女、やたらお金を持っているんですよね。サークルなどの旅行にはすべて参加していて、どこからそんなお金が出てくるのかすごく不思議です」(22歳/大学生)

実家が裕福か、キャバクラバイトか、お金持ちのおじさまと付き合っているか……。以前、取材した女子は「小さいときもらったお年玉をずっと貯金していたら300万円貯まったから、そのお金で遊んでいる」と言っていました。たしかに半端ない金額のお年玉が集まる家庭ってありますしね……。

3.性生活について

「彼女とは付き合って2年になりますが、昨日ひとりエッチした?とか、これまでにうっかり浮気してしまったことはある?とか、元カレとどんなエッチしていたのか?とか、こういうことを聞くことができません」(25歳/通信)

たしかにこういうことは、付き合っていても聞きづらいですよね。彼女のベッドの上での行動から推し量るしかないかもしれません。
ベッドの上でいきなり四つん這いになれば、そういうふうに元カレに調教されちゃったんだなあ、ということでしょう。

4.ムダ毛の処理方法

「彼女のおうちの風呂場には、カミソリとか毛抜きなど、毛を処理する道具が一切置かれていません。でも、そのわりに、彼女はワキもIラインもOラインもツルツルです。脱毛サロンに行っているわけでもないとのことです。いったい彼女はどこでムダ毛の処理をしているのか、すごく謎です……が、勇気を出して聞けないです」(27歳/出版社)

そこまでツルツルなら、おそらくサロンでケアしているんでしょうが、「行ってない」と言い張るならそれでいいではありませんか。「何もしなくてもツルツル」という生まれながらにして最強の女子力を持つ彼女、ということにしておきましょう。

5.イケメンとはどんな人なのか?

「女性って、ふた言目には、イケメンがいいって言いますよね。ぼくは、意中の女子にどんな男子がイケメンなのか?すごく聞きたいです。この情報がわかると、かなり彼女の好みに近づくことができて、彼女と付き合えるようになると思うのです。でも、なんか聞けないです」(25歳/広告)

イケメンの定義については、取材をしているなかでは、わりとどの女性も、聞けば親切に答えてくれますので、聞けばいいと思うのですが、過剰に相手のことを意識すると「イケメンってどんな男っすか?」と気安く聞けないのかもしれないですね。

おわりに

いかがでしたか?
若いうちは、男女ともに、聞きたくても聞けないことがたくさんあると思います。結婚して歳を重ねると「聞きたくないけど、聞かなくてはいけないこと」が増えます。どちらが幸せなのかは、よくわかりません。もしかすればハラハラドキドキしながら恋を楽しんでいるうちが一番しあわせなのかもしれないですね。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事