2013.11.19

彼から尽くされるためにあなたが心がけるべきこと・4選


男性は、女性が喜ぶなら尽くしたいという気持ちもありますが、常にその気持ちが続くわけではありません。時期やタイミングによって男性の余裕も変わるので、ねだることはNGです。とはいえ、「彼にもっと大事にされたい」という願望はどうしても持ってしまいますよね。

今回は、尽くされるためにあなたが心がけるべきことをご紹介したいと思います。

1. 小さなプレゼントを送る

「相手からプレゼントをもらうとやっぱり自分も返したいという気持ちが働く。特別ではない時に何かプレゼントをもらったりすると、よりそう思う」(27歳/放送)

男性は、女性からプレゼントをもらうと自然と「自分もお返しをしなければいけない」と思い、そしてその小さなプレゼントに女性らしさも感じます。このように、彼に「自分のことを考えてくれているんだな」と思わせるきっかけを与えることが大事です。

また、自分がプレゼントをしたからといって、お返しを期待する態度を見せてはいけません。見返りを求めない真心を見せましょう。

2. 尽くされた時のリアクションが鍵

「気合い入れて臨んだデートとかで彼女が思っている以上に喜んでくれたら、またしてあげようと思える。その記憶が次のデートの原動力になる」(25歳/メーカー)

彼女が喜んでくれるから、彼もサプライズや特別なデートを試みようとするのです。あんまり喜びを表現してくれない、伝えてくれない女性にはなかなか労力は割けません。「彼に、尽くしてもらっているな」と感じた時には、素直にリアクションするのではなく、オーバーリアクションで応えましょう。「こんなに喜んでくれるんだ」と男性も嬉しくなり、その感覚が次につながります。「今度はわたしがお返しするね」などと、ターン制を提案するのも効果的です。

3. 尽くして欲しがると男は逃げる

「尽くして欲しいとか言う女とは付き合っていられない。自分から自由がなくなりそうで怖いし、『尽くして』って言われてやるのは違うと思う」(26歳/広告)

男性は、恋愛において指示されて何かをやることが嫌いです。そのため、尽くして欲しくても、それを言ってはおしまいなのです。それよりも、自分がまず彼に尽くすことが大切。そして次に「彼にどうしてもらえたら自分が喜ぶのか」ということをさりげなく伝えていきましょう。彼に何かをさせたいのであれば、上手いこと操る術が必要なのです。

4. 尽くし方のヒントを出す

「なにをどうすればいいのか、普段からヒントを出してくれていると色々考えやすい。これをやればまあ間違いなく喜ぶとかそういうことがある程度分かればできそう」(29歳/銀行)

男性だって彼女のことを喜ばせたい気持ちはありますが、どうやればいいか分からないことが多いです。日常の中で、あなたが「ここ行きたいんだよね」「これしたいんだよね」などと、望んでいることのヒントをもらしていきましょう。そうすると、男性はデートプランを企画しやすくなります。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

彼に尽くしてほしいのであれば、絶対に自分から「尽くして!」と要求してはいけません。まずは自分から彼に尽くしてみせる姿勢を見せましょう。彼の態度も変わってくるはずですよ! 

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事