2013.11.21

悟り世代ならでは?頑張りすぎない「悟りセックス」の特徴・4つ


「最近の若者は」とゆとり教育を受けた世代が悪く言われるのには慣れてきましたが、バブルを知らない世代が「悟り世代」と呼ばれているのは知っていますか?ガツガツ稼いだり女や男で遊んだりせず、慎ましい暮らしにも憧れちゃう・・・そんなゆとりならぬ悟り世代を対象にセックスの調査をしていると、バブルを生き抜いてきた年上世代よりものんびりしたセックスに変わってきているようなのです。今回は、悟り世代にありがちなセックスの特徴をご紹介します。

1.動きが遅く単純

「腰をガンガン動かしたりするのって、すんごい疲れるじゃないですか。腰痛める可能性もあるから、ゆっくりめに動くようにしています。」(23歳/男性/大学院)
「AVで10体位くらいに変化させてるの見てると、もう笑っちゃう。アクロバティックで面白いけど、自分でやりたいとは思わない。私は彼とやるのは1~2体位くらい。」(24歳/女性/飲食業)

激しく情熱的なセックスや、創意工夫に富んだ体位七変化セックスは不人気の模様。基本「頑張りすぎない」という姿勢を崩さないのはさすがですね。世代を超えたセックスをすると相手のペースに驚くことがあるかもしれません。教育や経済が人間の本能にまで影響しているようですね。

2.女性を気遣う

「女子向けののAVを見たら、いろいろスローペースじゃないですか。それ以降はゆっくりやろうと思いました。彼女に痛い思いさせてたら可哀想ですから。」(26歳/男性/証券)

女心がわかっていますね!男性の皆さんにはぜひ女性用のAVを見て、男目線のひとりよがりセックスから脱してもらいたいものです。AVは見ないまでも、彼女の意見を取り入れながら、お互いが満足できるセックスを探そうという姿勢が男性から見られました。
男性は「俺が気持ちよければいいんだ」なんて自己中なやり方をしていると、どんどん悟り世代の男性に女性を取られますので、気をつけてくださいね。

3.何回戦も求めない

「彼女は体力がないから2回戦以上は疲れちゃうみたいなので、最近は1、2回戦で終わりにしてます。それに何回もすると眠れなくて明日の仕事にも響くから、丁度良いですね。」(25歳/男性/IT)

女性を重んじる姿勢がこんなところにも!男性優位の雰囲気が変わると同時に、女性を大事に扱う男性が増えたようなかんじです。
会社で酷使され、疲れて帰宅したあとに何回もできないという男性自身の疲れも見えますが・・・。

4.後戯を求めない

「「ピロートークや腕枕をしないで風呂直行の薄情男は、そのまんま外に放り出してやりたい!」という会社のお局様の愚痴を聞いていて驚いた。疲れきって満足感に浸っている男性に、それ以上求めるなんて幸せを求めすぎ。お疲れ様の気持ちで、私は速攻で寝る。」(24歳/女性/広告)

多くを求めない、現状で満足感を得るのは女性も同じのようです。そして明日の予定のために睡眠を取りたいという気持ちも同じ。価値観が似たもの同士は、付き合ってもうまくいくことが多そうですね。

おわりに

こんな生ぬるいセックスなんかじゃ満足できない!!というアグレッシブな若者もきっといるのでしょうが、相手のペースを理解しない独りよがり型セックスは嫌われます。忙しく疲れている社会人ならなおさら、相手の体調を考えて、無理のない楽しみ方を見つけてはいかがでしょうか?

(吉沢みう/ハウコレ)

関連記事