2013.11.24

美人にされるとイラッとすること・5つ


普通の容姿の女子が言っても何とも思わずスルーするのに、美人が発言するとなんか引っかかる…。そういうこと、たまにありますよね。今回は「美人だからこそ」イラっとするアクションを18歳~26歳の女子に聞いてみましたのでご紹介します。

1.「私モテないし」発言をする

「誰が見ても美人なM。何かにつけて『私モテないし』と言いますが『そんなわけないよ~』て言わざるをえない。『私モテモテだから』と言ってくれほうがいっそ清々しいのに」(22歳/大学生)

余程の変人じゃない限り、美人がモテないわけがありません。謙遜しているのかもしれませんが、周囲の人間は「きみがモテないで誰がモテるんだ」と突っ込まざるをえない状況に。美人は、“美人のポジション”に素直に居座ってもらったほうが平和ですね。

2.容姿についてグチを言う

「『私目が小さいのがコンプレックスでさ…』と言われても、美人に言われても…。私のほうがさらに目が小さくてごめんなさい、と謝りたくなる」(26歳/マスコミ)

容姿のコンプレックスを口にされると、“そんなことないよ”とフォローを言いたくなりますが、美人やイケメンに言われたら…そんな気もちょっと失せますよね。コンプレックスは誰もが抱えている、というのは理解できますが、誰が見ても美形の方々にはあまり口にしないで頂きたいものです。

3.変顔をする

「可愛い子が変顔をしても結局可愛いから笑えないし、リアクションに困る…」(18歳/短大生)「美女が変顔とか無理にしてるのを見ると心が痛くなる。いいの、美女はみんなの目の保養のままでいてください…」(21歳/大学生)

キャラによるのでしょうが、美人が変顔をして喜ぶ人はあまりいませんよね。美人は美人なんだから美人という存在でいてほしい。変顔をして笑いを取るのは、美人じゃない女子に譲ってほしい。そんな複雑な乙女心が、垣間見えます。

4.「リア充死ね」・「私オタクだし」発言をする

「彼氏いる人がデートに行くのを見て『リア充死ね!』とか言ってると引く。今たまたま彼氏いないだけでしょう…あなたも十分リア充だよ!」(19歳/大学生)「美女が『私オタクだし』とドヤ顔で言うのはイラっとします。漫画読んでればオタクだなんて甘いわ!」(18歳/高校生)

どちらも背後に「私可愛いのに非リア(笑)」「私可愛いのにオタク(笑)」という、“そんな私面白い”臭が漂うのがダメなんでしょうね。美人は下手な工作をする必要なし、です。それに、本物のオタクが聞いたら憤慨すること間違いなしです。しょこたん並みのオタク美女なら、話は別ですが。

5.彼氏が意外と普通な子

「宮崎あおい似の、誰もが認める清純派美女・A子。彼氏がどれだけイケメンかと思ったら、容姿も家柄も普通の男子だった。彼氏を外見じゃなくて中身で選ぶとか心も清らかなのかよ勝ち目なさすぎワロタ…」(20歳/短大生)「美人がフツメンと付き合っているのを見ると問い詰めたくなる。キミはイケメンと付き合えるんだから、そこらへんのレベル感の男子は私らに残しといてください…!」(25歳/金融)

みんなが認める美人は、みんなが認めるイケメンとくっついてくれたほうが、平和なんですよね。自分は普通だから、イケメンと付き合いたいなんて高望みなんてしないので、せめて普通市場を美女に荒らしてほしくない。普通女子の、心からの叫びです。

おわりに

こうした女子からの注目度を考えると、「美人は公共物」と言っても過言ではない気がしてきますね。意外と苦労も多そうです。全国の美人のみなさん、余計な反感は買わないように気をつけてくださいね。

(福井優/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事