2013.11.24

リバウンドしない!満腹ホルモンを味方につけるダイエット法


せっかくダイエットに成功したのに、リバウンドしてしまう。これはよく聞くお話しですよね。どうして、リバウンドしてしまうのでしょうか?リバウンドはホルモンと関係があります。そこで今回は、満腹ホルモン「レプチン」を味方につける、リバウンドしないダイエット法をご紹介したいと思います。

リバウンドの起こる仕組み

(1)ホメオタシスによる基礎代謝の低下
私たちの身体には、身体の中や外部の環境が変化しても身体の機能を一定に保つホメオタシスという機能が備わっています。ダイエットによって食事量を減らすと、最初は摂取カロリー<基礎代謝でダイエットが進みますが、そのうちホメオタシスの働きによって摂取カロリー=基礎代謝となってしまい、ダイエットが停滞してしまいます。
ここでダイエットを中断し、食事量を元に戻してもホメオタシスは働き続けますので食事量>基礎代謝となってしまい、リバウンドしてしまうのです。

(2)レプチンの分泌量の変化
レプチンとは、脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌され、満腹中枢を刺激するホルモンです。ダイエット中に食事量を減らせば、脂肪分も減りますのでレプチンの分泌も減ってしまいます。ダイエットを中断し、食事量を元に戻してもレプチンの分泌量はすぐにはもとに戻りませんので、満腹感を得られず食べ過ぎてしまいリバウンドの原因となります。

リバウンドを防止する方法 2つ

(1)ホメオタシスを働かせない
ホメオタシスは、1か月に5%以上体重が減少すると最大限に働き出します。ですから、リバウンド防止のためには、短期間で急激にダイエットするのではなく、1か月に5%以内の体重減少に止めながら目標体重までダイエットすると良いでしょう。

(2)レプチンを出す
・よく噛む
よく噛んで食べると、血液中のレプチン濃度が上がります。また、レプチンが分泌され満腹中枢が刺激されるまで最低20分と言われていますから、よく噛んで食べることで、食事の時間も稼げて更に食べ過ぎ防止に繋がります。

・亜鉛を含む食べものを食べる
亜鉛には、レプチンを作る際に欠かせない栄養素です。亜鉛を多く含む、牡蠣、レバー、赤身肉、ゴマ、ココアなどを積極的に摂りましょう!

・1か月頑張る
身体がレプチンの量を覚えるまでには、最低1か月必要と言われています。ですから、停滞期に入り体重が減少しなくなっても、そこで諦めずに1か月は体重をキープして身体にレプチンの量を記憶させましょう!

短期的なダイエットは意味がない?!

短期的なダイエットは、その時は痩せますが維持するのが難しいですよね。特に無理なカロリー制限をした場合には、身体の栄養バランスが崩れているため、過食になりがち。短期間のダイエットをした場合には、すぐに元の食事に戻さず、最低でも1週間は食事内容に気を付けて、ゆっくりと元の食事に戻しましょう。

おわりに

いかがでしたか?リバウンドしないダイエットのためには根気が必要ですが、ダイエットとは無縁のスリムな体型を維持できると思えば、頑張れますよね!満腹ホルモン「レプチン」を味方につけて、ダイエットを成功させましょう!

(岩田麻奈未/ハウコレ)

関連記事