2013.11.25

【夢占い】恋愛の行方をあらわす夢・4つ


恋愛の行方が気になるとき、ぜひ参考にしてほしい夢のシンボルがあります。川や山が現れる夢ではその後の恋愛のルート(=成行き)をあらわし、乗り物の夢ではあなたがどの座席に座っているかで相手との関わり方がわかります。また、アクセサリーの夢はあなたの気持ちと相手の本心を象徴しています。ではこれらのシンボルを詳しく解説していきましょう。

山登りの夢

恋人や好きな人といっしょに山登りをするなら彼とのパートナーシップをあらわします。山のイメージは彼が運命の人であり、二人が運命共同体であることを象徴します。山道の状態は二人の行く手の安泰や困難をあらわしています。もしもその道が歩きやすいものであれば安泰を、崖や岩山であれば困難を暗示します。緑が多ければ周囲の人の応援があり、緑のない岩場であれば支援の少ない厳しさを示唆しています。

乗用車の夢

乗用車の運転席に恋人が、座り助手席にあなたが座っていれば、相手が主体的にあなたを守っていることをあらわし、ます。車がスムーズに進んでいるなら恋愛がこの先も続いていくことを暗示します。反対に、あなたが運転席に座り彼が助手席にいるなら、相手はまだ大人として未熟な男性であることをあらわしています。

川があらわれる夢

恋人や好きな人と土手を歩く夢、特に土手にコンクリートの水門や堤防のイメージが表れるなら、恋愛関係の障壁や先行きの困難を暗示することがあります。反対に、恋人と川を舟で渡りきったり、川にかかる大きな橋を渡っていったりする夢は、今後の恋愛の進展を暗示します。また、川や橋を渡った先に好きな人・思いを寄せる人が待っているならあなたの恋が進展する予兆になっているかもしれません。

アクセサリーの夢

身につけたアクセサリーを鏡で眺めている夢は、好きな人や恋人への思いに囚われたあなたの内省的な心を象徴します。華やかなアクセサリーはあなたの見栄や妄念を、質素なアクセサリーなら消極性を反映します。ただし、鏡は登場せず、ドレスアップと共にお気に入りのアクセサリーを身につける夢なら、相手へのアプローチがうまくいくことを暗示します。また、好きな人や恋人からアクセサリーを買ってもらうなら、相手にはあなた以上の好意があることをあらわします。

夢でわかる相手の本心

山への同行や車への同乗といった、同じ目的地に行こうとする夢は、恋愛中の相手の心をよく映しています。あなたよりも少し後方や左側に彼がいるなら、相手はあなたに対してあまり積極的ではありません。また、彼との距離が少し離れているなら、何らかの心の隔たりをあらわしています。恋人とテーブルで向かい合っていたり、リビングでテレビを観たりする夢も同様です。理想的なのは、あなたのすぐ右側に彼がいるイメージになります。夢の世界では「右」は未来の展望をあらわします。ぜひ、あなたが見た夢に当てはめてみてくださいね。

(梶原まさゆめ/ハウコレ)

関連記事